コーヒー豆のサブスク「PostCoffee」のiOSアプリ登場、最短翌日にポスト投函

次の記事

飲食・小売店向けの受発注システム「CONNECT」公開、4600万円の資金調達も

POST COFFEEは3月19日、コーヒー豆のサブスクリプションサービス「PostCoffee」(ポストコーヒー)のiOS版アプリをリリースした。

税別月額料金1280円のマンスリープランに登録すると、約10杯ぶんに相当する150gのコーヒー豆が挽かれた状態で送られてくる。登録から2週間は試用期間なので、まずは送られてくるコーヒーが自分の口に合うかを確かめられる。

コーヒー豆のサブスクリプションサービスは特に珍しいサービスではないが、PostCoffeeでは欲しいタイミングに注文すれば最速で翌日で届くのが特徴だ。ポスト投函なので、日中不在でも確実に受け取れる。

配達されるコーヒー豆は、同社によると日本トップクラスのスペシャルティーコーヒーとのこと。8種のシングルオリジンとPostCoffeeオリジナルブレンドの全9種を用意している。シングルオリジンは、エチオピア・コンガ、エチオピア・ゲデブ、コスタリカ・キャンデリラ、グアテマラ・ラ・フォリー、ケニア・キアンジュキ、コロンビア・ポルベニール、ブラジル・セラード、ベトナム・ローラン。ブレンドは、コスタリカとエチオピアの豆を使っている。

iOS版のリリースキャンペーンとして、マンスリープランに登録したユーザー先着3000名に、オリジナルドリッパーと3種のコーヒー豆(各1杯ずつ)、ペーパーフィルターがセットになったスターターキットを無料でプレゼントする。

今後の展開としては、AIによるユーザーごとの豆の好みのサジェスト機能、AIバリスタとプロのバリスタによるコーヒー豆選びのチャット相談機能などを2019年7月まで実装する予定とのこと。さらには、オフィス向けのIoTコーヒーメーカーとサブスクリプションプラン、無制限にコーヒーを注文できる定額制のコーヒースタンドチェーンの展開を都内を皮切りに進めていきたいとしている。