月額1万2000円からの出張料理サブスク、最大4人の料理家が「つくおき」してくれる

次の記事

ゲーム仲間を簡単に見つけて、上手さも可視化する「e-mode」開発中のクロスシェアがシード資金調達

シェアダインは、調理師や管理栄養士など食の専門家による出張料理のサブスクリプションサービスを3月19日からβ版として試験運用することを発表した。サービスの本格稼働は4月1日からとなる。

同社は2018年5月より専門家による出張料理サービスを手がけてきた。その中で、日々変化する「食の悩み」に答えてくれる専門家、個別の事情に応じてパーソナライズされた食事が求められていることがわかったという。働きながらの妊娠・出産、生活習慣病、介護などが増えてきた現代では、個人に最適化した食事のニーズは確実に高まっている。

3月19日から始まったサブスクリプションサービスは、月2回、月3回、月4回と3つのコースを用意。税別の月額料金はそれぞれ、1万2000円、1万8000円、2万4000円。交通費や買い物代行費が月額料金に含まれている。

家族4人とすると一人1食あたり1500円なので、外食に出かける程度のコストだ。要望に応じて最大4人の料理家を選ぶこともできる。今後はデータを蓄積していくことで、利用者と料理家のマッチングの精度を高めていくとのこと。

シェアダインが提供中の(サブスクリプションではない)出張料理の例

【2019.03.19 14:30追記】サブスクリプションサービスの金額について誤解を招く記載があり、以下に詳細を追記します。

1食ぶんの料理の例、4人家族だと16食ぶんほどになる

シェアダインによると、サブスクリプションの月額料金に含まれる買い物代行費に食材費は含まれておらず、食材費は平均で3500円程度かかるとのこと。1回あたりの調理時間は3時間程度で、12品ほどの料理を「つくおき」してくれるため、家族4人で換算すると一人4食ぶん、計16食ぶんの食事量になるそうだ。そのため1食ぶんのコストは、(定額料金6000円+平均食材費3500円)÷16食(4人×4食)で約594円となる。二人暮らしの場合は冷凍保存しやすい料理を増やすなどの対策もしてくれる。

なお、定額になるのは料理家を特に指定しない場合。料理家を指定した場合は、それぞれの料理家が設定している1食あたりの料金となり、1回あたり税別6000円を上回ることも、下回ることもある。