Splice

オーディオサンプルのマーケットプレイス、音楽制作コラボツール提供のSpliceが約67億円調達

次の記事

Optimus Rideがブルックリンの私有地内で自動運転車サービスを提供

テックはミュージシャンの財布から金を奪うばかりだと悪名を轟かせているが、Spliceはそうした状況を変えようとしている。オーディオサンプルのマーケットプレイス、そして音楽制作コラボツールを提供しているSpliceは2013年以来、アーティストにこれまで1500万ドルを支払い、昨年は数字を倍増させた。

Spliceではミュージシャンは著作権フリーのサウンドを販売することができる。そうしたサンプルを利用したエミネムやアリアナ・グランデ、マシュメロの楽曲はチャート1位に輝いた。300万ものシンセサイザー、ドラム、ボーカルのサウンドに無制限にアクセスできるようになるサービスの利用料は月7.99ドルだ。真剣にやっているミュージシャン用にデザインされているにもかかわらず、Spliceツールのユーザーは現在250万人で、1年前の150万人より増えている。

Steve Martocci

「音楽は美しい時を経験している」とSpliceの共同創業者でCEO、そして以前GroupMeをつくって売却したSteve Martocci氏は話す。「ストリーミングがうまくいっているという追い風は大したものだ。このマーケットがいかに大きなものか多くの人が認識するにつれ、人々はより音楽を制作したがるようになり、大きなチャンスがここにはある」。

そしていま、Union Square VenturesとTrue Venturesがそのチャンスをつかもうとしていて、Spliceの5750万ドル(約67億円)ものシリーズCを共同で主導した。「スケールがすべてだ」とMartocci氏は語る。「我々は我々自身に投資をしている。新たなプロダクトをつくり続ける。より有名なアーティストと連携し続ける。クリエイティブなプロセスとミュージシャンのエコシステムには修正されるべき点が多くあると考えている。我々は全ジャンルのアーティストが必要なものは全てそろっていると感じられるよう、利用できるコンテンツを多様化させたい」。

DFJ Growth、Flybridge、Lerer Hippeau、Liontree、Founders Circle Capital、Matt Pincusなどが参加した今回のラウンドにより、Spliceの累計調達額は1億450万ドルとなった。Spliceは企業価値を明らかにしたがらないだろうが、シリーズCで20%の普通株を売るという業界のスタンダードを用いれば、Spliceの価値は2億8500万ドルほどかもしれない。この数字は、ストリーミングやチケット販売、ハードウェアを扱っていない音楽スタートアップとしてはトップレベルだ。この成功で、昨年Sounds.comマーケットプレイスを立ち上げたNative Instrumentsのような競争相手が出てきている。

Spliceの購読による売上高はいったんプールされ、ダウンロードの多さに基づいてアーティストに分配される。パソコンで音楽を制作する人からドレイクのグラミー賞受賞に導いたプロデューサーのBoi-1daまでクリエイターの幅は広い。Martocci氏は、Spliceのサンプルマーケットプレイスの売上の大半はアーティストにいっていることを認め、「まったく彼らにとって有利なディールだ」と語った。これは特に音楽プロダクション業界にとっては素晴らしいものだ。というのも、SpliceのサンプルクリエイターはセレブDJではないからだ。Martocci氏いわく、彼らはオーディオエンジニアであり、素晴らしい収入の機会を手にして表に出てきた、これまで影に隠れていた人たちだ」。

Spliceはコンサートで存在感を増している。友人がMartocci氏に、GroupMeのようなソフトウェアを構築するのに素晴らしいツールがあったように音楽をつくるためのよいツールがなかったのはなぜか尋ねた。Skypeが買収した彼のチャットアプリを最終的に離れた後、Martocci氏はSpliceの共同創業者のMatt Aimonetti氏に連絡を取り、彼が人生の半分をオーディオエンジニアとして過ごしてきたことを発見した。彼らは、制作をシンプルにする、保存してコラボするための管理許可をコントロールするという音楽のためのGitHubにチャンスを見い出した。2015年にSpliceはサウンド購読ライブラリーを立ち上げ、翌年にはクリエイターが著作権侵害を回避できるよう所有権付きレンタルソフトウェアシンセサイザーの販売を開始した。

それから時はあっという間に流れ、Martocci氏はSpliceの異なるプロダクトラインで何を優先するかが今後大きな課題になるだろう、と語る。幸運なことに、彼は新しく補佐してくれる人材を迎えた。Apple MusicとBeats by Dreでプロダクトを主導したRyan Walsh氏が最高製品責任者としてチームに加わった。Ryan氏のチームへの参加については、Martocci氏はその理由を「Ryanは音楽における自分のミッションがまだ終わっていないと感じていたからだ」と話している。Marvel Entertainmentの前最高財務責任者Chris Acquaviva氏がいまSpliceのCFOを務めていて、彼はライセンスの専門家だ。さらにはクリエイターコミュニティを活発なものにするため、MakerBotの前CHROであるKavita Vora氏が最高人材活用責任者に就いている。

テックに対する一般的なイメージが業界の大企業によるとめどないスキャンダルによって試練を受けているいる時代にあって、Spliceは間違いなくポジティブに作用しようとしているエース級の存在だ。Martocci氏は、子を持つ人たちが子供がFortniteで遊ぶのとSpliceで音楽を制作するのに時間を費やしていると教えてくれたことを明かした。だが、Spliceでの音楽制作は推奨すべきスクリーンタイムだろう。

原文へ

(翻訳:Mizoguchi)