ダイエー
SIRU+
シルタス

スーパーの買い物情報から不足栄養素をスマホが指摘、神戸市内のダイエーで実証実験

次の記事

スキマ時間にすぐ働ける「タイミー」と引越しトラックシェア「Hi!MOVE」が連携

シルタスは3月22日、神戸市と協働でスマホアプリ「SIRU+」(シルタス)を使用した実証実験を進めて行くことを発表した。SIRU+アプリとスーパーのポイントカード情報を連携させることで、日々の買い物データから自動で不足栄養素を分析し、お勧めレシピを提案する。

この実証実験にはイオングループのダイエーが協力しており、神戸市内のスーパーマーケット13店舗で利用可能になる。実証実験開始日の3月29日の10時からは、ダイエー神戸三宮店にてオープニングイベントを開催するとのこと。

具体的には、実証実験の期間中にSIRU+アプリに、ダイエーのポイントカードと家族構成などの利用者情報を事前設定することで日々の購入データが自動的にアプリに登録され、栄養バランスを診断してくれる。不足している栄養素を含むお勧め食材や、クックパッドと連携したレシピも提案。対象となるダイエーの店舗は、西神中央店、神戸三宮店、本山店、六甲道店、湊川店、名谷店、ポートアイランド店、板宿店、神戸学園店、灘店、新神戸店、六甲アイランド店、舞子店の13店舗だ。

この取り組みは、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す「Urban Innovation KOBE +P」(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」事業の一貫。神戸市とシルタスとの取り組みは、本事業の第1号案件になるとのこと。

今回はシルタスと神戸市、ダイエーが協力しての実証実験だが、そもそもスーパーマーケットが利用者の買い物データの詳細を他社に開放することは珍しい。今後こういった連携が別の枠組みにも広まれば、健康増進、フィットネス、保険、医療などさまざまな分野でスーパーマーケットの情報が生きてくるはずだ。