Saratoga Energy
Pachama
Trexo Robotics

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ(5)

次の記事

インターネットの50年、われわれは何を学んだのか、そしてこれからどこへ向かうのか?

Y Combinator(YC)の企業を抱えた2019年の冬クラスは200社以上が参加し、これまでのYCで最大の規模になった。私たちはその場に参加し、それぞれのクラスの話を聞きながら、見たもののメモを持ち寄った。以下に紹介するのは米国時間3月18日にピッチが行われた86社のスタートアップだ。

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ
・Part 1:パイオニアステージ(1)
・Part 2:パイオニアステージ(2)
・Part 3:パイオニアステージ(3)
・Part 4:パイオニアステージ(4)
・Part 5:ミッションステージ(1)※この記事
・Part 6:ミッションステージ(2)
・Part 7:ミッションステージ(3)
・Part 8:ミッションステージ(4)

ミッションステージ

Trexo Robotics
脳性麻痺と診断された人たちに提供できる、車椅子よりも優れたソリューションを開発している。このスタートアップは、病気を患っている子供たちにロボット装置を提供することに焦点を当てており、同社の最初の製品は月額1000ドルで家庭に提供される予定である。同社によれば、現在5つのユニットが使われており、米国とカナダでの使用が承認されている。

Pachama
世界の森林の保護と回復に焦点を当てた、カーボンクレジットのための認証済市場である。スタートアップは、二酸化炭素排出量を相殺するために、機械学習、衛星画像処理、ドローン、そしてLIDARを使用している。Pachamaは、カーボン購入者(彼らの二酸化炭素排出量を相殺しようとしている組織)をカーボンプロジェクトに結びつける。

Saratoga Energy
6年以上をかけて、同社はCO2からカーボンナノチューブを合成するための製造プロセスを開発し特許を取得した。スタートアップはスチールよりも強く軽量なカーボンナノチューブを、航空宇宙、バッテリー、コンクリート、その他のメーカーに低価格で販売している。週末には、同社は評価用の最初のバッチを出荷する予定だ。Saratogaは、この2年間で200万ドルの助成金を調達している。

Cherry
現代のスタートアップ向けのオフィス福利厚生ソリューションだ。従業員全員に同じ特典を与えるのではなく、共同創業者たちは人びとに、自分の好きなインターネットサービスを選択させたいと考えている。利用者はSlackbotインターフェースを通してサービスを選択し、ClassPassやHBO有料オプションを会社払にすることができる。同社によれば、有料パイロットプログラムには24社が参加している。

CityFurnish
インドで家具レンタルを提供するCityFurnishは、デリー、プネー、ムンバイ、バンガロールの顧客に対して、月々のレンタル料の受け取りながら家具を配達して設置を行い、引っ越しやメンテナンスには無料で対応している。同社は長期契約を求めないので、実際に家具を買うよりも安いオプションだと語っている。現在CityFurnishは、1万人の加入者と3百万ドルのARRを有しており、18カ月間利益を上げてきている。私たちは以前、TechCrunchでCherryを取り上げている。

NaturAll Club
要冷蔵のヘアケア製品を提供する。スタートアップの製品は、果物と野菜を原料にしている。チームの最初の製品は新鮮なアボカドから作られ「6カ月で200万ドルの売り上げを上げた」と同社は語っている。これは髪のためのJuiceroパック(大失敗したジュースプロダクト)のように聞こえるかもしれないが、オーガニック製品は美容分野では最も急成長している製品カテゴリである。

FlockJay
求職者がテック営業でキャリアを求める際に必要となる、スキルとトレーニングを提供する、オンラインセールスアカデミーを運営する。12週間の長さのブートキャンプで、研修生にコーチングとメンタリングを行う。同社は17人の学生と共に最初のクラスを立ち上げたが、その全員が既にジョブインタビューを受けていて、4割はすでにテック企業の中に新しいキャリアを得ている。

Demodesk
製品を顧客に直接デモしてセールスを変革したい会社向けの、画面共有ツールを開発している。ユニークなのは共有されるのは、デモを行う担当者自身のデスクトップではないということだ。それは、見込み顧客が長時間のダウンロードを待つことなくデモプレゼンテーションを見ることができる仮想マシンであり、それでもソフトウェアの動作を知るために、共同作業や編集を行うことができる。

Ultralight
ゲームやデスクトップアプリの中でHTML UIをレンダリングするために使用される、クロスプラットフォームアプリケーション開発ツールである。同社の目標は、GPUで高速化された独自のレンダラーを提供することで、Chromiumを置き換えることである。Ultralightは、ほとんどのプログラミング言語と互換性があると述べている。

Keeper
「1099」従業員(ギグ・エコノミーの契約労働者)たちが、納税申告書の細かな部分で損をしないようにしたいと考えている。同社によれば、平均的な契約労働者は、年間1249ドル以上税金を過剰に払っている。Keeperは機械学習を使用して、ユーザーの銀行取引明細書内から、税務控除を自動的に発見する。彼らは市場として全米に5000万人いる契約労働者を狙っている。

[原文へ]

(翻訳:sako)

←前の記事へ次の記事へ→