株式
SMBC日興証券

AIが金融理論に基づく株式ポートフォリオを自動提案、HEROZがSMBC日興証券と新サービス

次の記事

料理動画サービス「kurashiru」のdelyが女性向けメディア「TRILL」を連結子会社化

AI開発のHEROZは3月25日、SMBC日興証券と共同で「株価予測AI」を開発し、 投資情報サービス「AI株式ポートフォリオ診断」をSMBC日興証券のユーザー向けに3月29日より提供開始すると発表した。

AI株式ポートフォリオ診断は資産運用を始めたばかりのユーザーをターゲットにしたもので、AIを活用することにより現代ポートフォリオ理論と呼ばれる投資理論を初心者でも実践できるようにしたサービスだ。

同サービスの主な機能は2つある。1つ目はAIによるユーザーへのポートフォリオ提案だ。ユーザーが新規でポートフォリオを組む場合、ユーザーが投資金額と銘柄を1つ選択するだけで、AIが自動で効率的なポートフォリオを提案する。選択した銘柄と相性のいい銘柄を組み合わせていき、入力した投資金額内で購入可能なポートフォリオを提案するという仕組みだ。また、既存のポートフォリオのリバランス(銘柄の入れ替えや構成比率の調整)提案も行う。

2つ目は、HEROZとSMBC日興証券が共同開発した「株価予測AI」によって銘柄の期待収益性をスコア化する機能だ。AIが決算データや株価データを学習することで、株式の1ヶ月先の期待収益性を予測し、スコア化するという。

HEROZはプレスリリースのなかで、「SMBC日興証券とHEROZは、昨年10月より実用化に向けた取組みに着手し、2019年度上期のサービス提供に向け準備中の「AI株価見守りサービス」をはじめ、今後も最新のAIの技術を用いた様々なサービスを提供いく予定」だとしている。