産学連携
LabBase X
POL

理系学生特化の採用サービス手がけるPOL、産学連携プラットフォームの「LabBase X」をローンチ

次の記事

26日午前2時開始のアップルイベントのテーマはサブスク、アップルクレカの発表も?

TC Tokyoスタートアップバトル卒業生で、理系学生のための採用プラットフォーム「LabBase」などを提供するPOLは3月25日、企業の研究開発における産学連携のパートナー探しをサポートする「LabBase X(ラボベースクロス)」を提供開始する。同サービスは2018年5月にクローズドβ版として提供していた「LabBase R&D」の正式版という位置づけになる。

LabBase Xは研究者を採用したり、アカデミアと共同研究を行いたい企業が利用できるサービス。これまでは学会での出会いや人づての紹介などのアナログな方法が主流だったが、それをデジタルに置き換える。同サービスでは日本国内の約29万の研究者を網羅しており、それぞれの研究内容をまとめたデータベースに加え、スポットコンサルティングなどの機能を兼ね備えているという。

クローズドβ版として提供してきた同サービスは、これまでに三菱地所やNORITSUなどの企業が利用。POLはプレスリリースの中で「(β版の利用により)データベースの精度も高まり、多くの企業に活用いただける環境が整ったため、この度正式ローンチするにいたりました」とコメントしている。