楽天ペイ

本日から楽天ペイも20%還元、還元上限額は3000円相当だが獲得難易度は高め

次の記事

日本時間3月26日未明のアップルイベントを前に無人のスティーブ・ジョブズ・シアターを覗いてみた

楽天は本日3月25日からポイント最大40倍のキャンペーンを開始した。4月8日午前9時59分までの期間限定で、楽天ペイで決済すると200円単位で通常の1ポイントに加え、キャンペーンポイントが最大39ポイントが付き、合計40ポイントとなる。1ポイントは1円相当なので40ポイントなら40円相当、つまり決済額の20%還元(40円÷200円=20%)だ。還元上限ポイントは3000ポイント(3000円相当)となる。

ほかのコード決済サービスのキャンペーンとは異なり、適用ルールは少々ややこしい。まず、事前エントリーが必要だ。次に、楽天ペイに連携させるクレジットカードを楽天ブランドにする必要がある。楽天カードを所持していないユーザーは新規作成の必要があるのでハードルは高い。どちらかというと新規ユーザー獲得ではなく、楽天カードを日常的に使っている人に楽天ペイの利用を促す狙いがあるのだろう。

ここまでで還元を受ける準備は完了なのだが、楽天カードユーザーであれば無条件に40倍ポイントがザクザク貯まるわけではなく、エントリー後に楽天ペイを初めて利用したユーザーが、その後合計3回以上使うことで初めて40倍(20%還元)となる。2回以下だと30倍(15%還元)だ。以前に楽天ペイを使った経験のあるユーザーは、2回以下の利用で20倍(10%還元)、3回以上の利用で30倍(15%還元)となる。

利用できる店舗は、ファミリーマートやローソン系、ミニストップ、ポプラといったコンビニ。松屋やピザーラなどの飲食店。白木屋が魚民などの居酒屋。薬王堂や新生堂などドラッグストア。Right-onやAOKIなどのアパレル。そのほか、アート引越センターやジュンク堂書店などでも利用可能だ。

難易度はかなり高めだが、楽天カードを日常的に利用しているユーザーは確実にお得なので試す価値はある。