女性のみの宇宙遊泳が中止に、適正サイズの宇宙服足らず

次の記事

最優秀賞はAI事業のアラヤ、KDDI∞Laboのデモデイに7社のスタートアップが登壇

残念なことに、NASAは歴史的なミッションとなるはずだった女性のみによる宇宙遊泳の中止を発表した。

米国時間3月22日に予定されていたこのミッションの中止の理由は、女性宇宙飛行士にとって適切なサイズの宇宙服が十分に用意できなかったためだと説明されている。

宇宙遊泳に参加する予定だったAnne McClain氏は、以前着ていた大きな宇宙服では十分に動くことができないと語っている。

Anne McClain

NASAは、「McClain氏は最初の宇宙遊泳にて、ミディアムサイズの宇宙服(の上部分)が自分にちょうど合うことがわかった」と声明を出している。

しかしミディアムサイズの宇宙服は1着しかなく、その宇宙服はもうひとりの女性宇宙飛行士のChristina Koch氏が使う予定だ。Koch氏は宇宙飛行士のNick Hague氏と、太陽電池パドルにリチウムイオンバッテリーを装着する予定だ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ミッションの中止は残念がだ、悲劇ではない。世界最高の頭脳がセクシズムを克服しようとしても、宇宙服のサイズを変えることはできないのだ。

[原文へ]

(文/塚本直樹 Twitter