Green Energy Exchange
Trestle
Gerostate Alpha

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day2日目のスタートアップ88社(6)

次の記事

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day2日目のスタートアップ88社(5)

米国時間3月19日は、Y Combinatorが開催した、2019年冬クラスの2日間のDemo Day後半だった。1日目は85以上のスタートアップがステージに上がりピッチを行った。2日目も同様に多数のピッチが行われた。

以下に、2日目に発表した全社と、そのプレゼンテーションに対する私たちのメモを紹介する。

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 2日目のスタートアップ
・Part 1:パイオニアステージ(1)
・Part 2:パイオニアステージ(2)
・Part 3:パイオニアステージ(3)
・Part 4:パイオニアステージ(4)
・Part 5:ミッションステージ(1)
・Part 6:ミッションステージ(2)※この記事
・Part 7:ミッションステージ(3)
・Part 8:ミッションステージ(4)

ミッションステージ

Gerostate Alpha
野心的な目標である人間の老化に取り組んでいる。3人の共同創業者はすべてバック研究所の学者であり、そこで老化の研究を何年も費やして来た者たちだ。彼らは創薬のために独自のプラットフォームを用いて、9万の化合物を素早く解析し、さらに研究を行う150の物質を特定した。

Trestle
元Stripeの従業員と、Y Combinator卒業生の仲間によって設立されたTrestleは、各従業員のプロファイルを含む、使いやすいイントラネットのホームページを企業に提供する。従業員たちの孤立感を減らし互いの生産性を高めることを目指して、同社はすでにBrex、Plaidなどへの導入が進んでいる。

Green Energy Exchange
消費者に対してエネルギー入手先の選択肢を与えようとしている。この仮想ユーティリティ会社は、消費者が、再生可能エネルギーがやって来る場所(少なくともそれが合法な12の州の中から)を選べるようにする計画を進めている。創業者は、以前は数十億ドル規模の大規模なエネルギー会社を経営していたが、現在は太陽並びに風力発電家と直接提携を行うことで、Netflixに支払いを行うくらい簡単に、エネルギーサプライヤーを選べるようにしたいと考えている。スタートアップは来月テキサス州でローンチする予定だ。

rct studio
2017年にBaiduに買収されたAIスタートアップであるRavenを支えていた、YCの卒業生のチームが率いるrct studioは、没入型のインタラクティブフィルムのためのクリエイティブスタジオである。このプラットフォームはリアルタイムで「テキストをレンダリング」するエンジンを提供する。例えば「男がソファに座っている」という文章から、ソファに座っている男性の3Dイメージを生成する。このエンジンは主流である3DエンジンのUnityやUnrealをサポートし、同時に、没入的で自由度の高いエンターテイメント体験を作り出す、Morpheus Engineという名の映像プロフェッショナルのためのクリエイティブツールもサポートされる。

CredPal
アフリカ向けのクレジットカード会社を設立しようとしている。これによって正式なクレジットカードを持つことができない、アフリカの見捨てられた2億人の中産階級を支援しようとしているのだ。同社は、次世代のアメリカン・エキスプレスになって、アフリカの消費者たちが商品を購入する手段をより便利で自由にできることを望んでいる。

Calii
ラテンアメリカの消費者たちを果物や野菜の生産者に直接つなげることで、お金を節約できるように支援している。仲介者を排除することで、消費者は多額の現金を節約できると創業者は語る。このラテンアメリカの企業は、中国の巨大なPinduoduoのビジネスモデルを採用し、それを他の地域にも適用しようとしている。ちょうどRappiとGrin(南米のレンタルスクーター業者たち)が行ったように。

Nabis
大麻の出荷および物流事業に取り組んでいて、供給業者と協力して商品を小売業者に確実に発送している。FedExが大麻を発送することは違法であるため、Nabisは間隙を突いて急成長し、売上の一部を手数料として受け取りながら出荷とコネクションを手助けしている。時間どおりの配送率が98%にも及ぶため、供給業者は喜んでその手数料を払いたがるのだ。

Nettrons
人の手を借りることのないAIによるタレント・ソーサー(ソーサーとは採用候補者を探し出す職種)によって、採用プロセスの効率化を狙う。同社はこれまでに3社から有償で仕事を請け負い、6件の採用につなげた実績がある。2人のエンジニアによって起業されたNettronsは、彼らのターゲット市場は10億ドルの価値があると語っている。

Fuzzbuzz
ファジングは、バグを見つけるためにコードに対して膨大な量の無効データを投入するプロセスである。Fuzzbuzzは開発者によるファジングプロセスを簡素化することを狙っている。長く複雑な設定を、簡単な場所は自動化し、Jira、Github、そしてSlackといった既存のサービスと接続するプロセスへと転換する。

Interprime
スタートアップに「Appleレベル」の財務サービスを提供する。Interprimeによれば、スタートアップはそれを管理する方法がないのに多額の資金を集めているという。同社は、この巨額の投資を管理することで、ビジネスの手助けをしようとしているのだ。彼らは、監督するすべての投資に対して0.25%の顧問料を受け取る。これまでのところ、彼らがサービスを提供している資本金の総額は1000万ドルである。

Taali Foods
新しい健康的なスナック食品を作成しようとしている。手はじめは、スイレンの種から作られたポップコーンの代替品である。作り出されるスナックは、人工香料や、人工成分、あるいは防腐剤を使わず、シリアルスナック愛好者に、通常のポップコーンより67%少ない脂肪と20%少ないカロリーというより健康的な選択肢を提供する。

Y Combinatorの2019年冬のDemo Day初日の有望スタートアップ10社

[原文へ]

(翻訳:sako)

前の記事へ次の記事へ