point
BearBuzz
AllSome

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day2日目のスタートアップ88社(8)

次の記事

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day2日目のスタートアップ88社(7)

米国時間3月19日は、Y Combinatorが開催した、2019年冬クラスの2日間のDemo Day後半だった。1日目は85以上のスタートアップがステージに上がりピッチを行った。2日目も同様に多数のピッチが行われた。

以下に、2日目に発表した全社と、そのプレゼンテーションに対する私たちのメモを紹介する。

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 2日目のスタートアップ
・Part 1:パイオニアステージ(1)
・Part 2:パイオニアステージ(2)
・Part 3:パイオニアステージ(3)
・Part 4:パイオニアステージ(4)
・Part 5:ミッションステージ(1)
・Part 6:ミッションステージ(2)
・Part 7:ミッションステージ(3)
・Part 8:ミッションステージ(4)※この記事

ミッションステージ

AllSome
東南アジアのオンライン販売者のための仮想倉庫とフルフィルメントサービス。その仕組は以下のようなものだ。顧客は自らの在庫をAllSomeの倉庫に対して出荷する。そしてAllSomeは品質保証、保管、ラベリング、梱包および出荷を処理する。AllSomeの創業者は、同社の収益性は高いと述べている。

BearBuzz
BearBuzzは、インフルエンサーのための広告マーケットプレイスを構築している。これにより現在の面倒な交渉よりも、はるかに迅速にものごとを進めることができる。彼らは広告フォーマットを標準化しており、画像と音声認識を介してビデオ広告を自動的に検証することができる。チームは、これらのより迅速なコネクションを推進し、広告費用の25%を受け取ることで、より大きな売上を立てることを計画している。

Point
お得な報奨システムと優れたユーザーエクスペリエンスを備えたデビットカードを提供するデジタル銀行。同社は来月、バーチャルなデビットカードと当座預金口座で稼働を始める予定だ。

MyScoot
インドの都会に住むミレニアル世代が同社のプラットフォームを使ってホームイベントを開くことで、友人と出会える支援をしたいと考えている。ユーザーはサービスを検索し、イベントに出席するための支払いを行う。MyScootは、バックグラウンドチェック、ピアレビュー、および彼らが「社会的信頼スコアリングアルゴリズム」と呼んでいるものを通じて、参加者にとって安全なものであり続けるように努力している。彼らのアプリを通して1000以上の予約が行われてきた。ユーザーの60%が最初のイベントのあとでも再び利用している。

Memfault
組み込みハードウェア企業のエンジニア向けツールの開発者は、そのツールはモバイルエンジニア向けのツールと同じくらい優れていると言う。Memfaultは、デプロイ、モニター、そして解析に使用される。これまでのところ、彼らは4社の顧客から、毎月定期的に5500ドルの収益を上げている。

Board
住宅購入者が買いたい家を押さえられるように、全額現金オファーを行う住宅ローン会社。現金購入者は入札で勝つ確率が4倍高く、住宅ローンによる購入者と比較して物件の購入価格をしばしば何十万ドルも安く抑えることができる。彼らは世の中の80%を占める住宅ローンが必要な人々のための現金購入者となることを狙っている。人びとにそうした巨額なローンの承認を与えることで、ローンの2%を請求する。

Portal Entryways
車椅子利用者のためにドアを自動的に開き、通過するまでそれを開いたままにする。既存のアクセシビリティボタンの多くは手の届かない場所にあるか、またはあまりにもドアから遠すぎて役に立たない。Portalは利用者の電話にインストールされたアプリを使って、こうした既存のボタンを制御して(Portalによって変更されたハードウェアである)、実質的にそのボタンを押した効果を得ることができる。大学やショッピングモールのように、ドアがたくさんある公共の場所に最初は焦点を合わせている。TechCrunchでもPortal Entrywaysについて記事を書いている

Blueberry Medical
家庭に即座に医療を提供する、小児遠隔医療会社。コンスタントな連絡、小児科医との24時間365日の対話、自宅での検査キットなどを合計月8ドルで提供する。彼らは有料の消費者向けパイロットプログラムを終了したばかりで、直接患者と会わなくても84%の問題は解決することができたと述べている。彼らはERへの訪問回数を減らすために、保険会社と提携した。

Maitian.ai
次世代の自動販売機を開発している。それを使うことでホテルのミニバー冷蔵庫の記録が自動的に行われ、平均的な自動販売機よりはより親しみやすいやり方で食品を販売することも可能にする。ユーザーは自分のクレジットカードをスワイプして、自動販売機の扉を開き欲しいものを選ぶ。チームは東南アジアに焦点を当てており、2カ所でローンチを行った。

Emi Labs
人事部の担当者のために、低スキル労働者の採用プロセスを自動化する仮想アシスタントを開発している。このスタートアップはBurger KingとPwCを顧客として抱えているが、その市場規模は24億ドルと見積もられている。AIを使用して採用プロセスをパーソナライズすることで候補者の体験も向上させる。

Latchel
施設管理者のための保守プラットフォームを開発している。保守要求を受け付け、問題を解決するために請負業者を派遣することで施設管理者の時間を解放する。施設管理者に対して1施設あたり1カ月で最大10ドルを課金する。また請負業者が仕事を引き受けた際には10%の紹介料を請求する。

Alpaca
従来のソフトウェアに代わる無料株取引のためのAPIを開発している。創業者たちによれば、Alpacaの手数料なしの株取引APIは、開発者を理解している最初で唯一のブローカーディーラーである。そして顧客はリアルタイムマーケットデータを無料で扱うシステムを開発し取引を行うことができる。

Y Combinatorの2019年冬のDemo Day初日の有望スタートアップ10社

[原文へ]

(翻訳:sako)

前の記事へ