LINE PayやPayPayなどコード決済各社の「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」まとめ

次の記事

JAL、xRを活用したバーチャル旅行体験「JAL xR Traveler」提供へ

本日3月29日は、2018年度最後の「プレミアムフライデー」だ。これは、給料日直後だが超繁忙期である、月末の金曜15時に仕事を終えることを推奨する、政府と経済界を中心とした取り組み。残念ながら15時に退社する難易度は高く、なかなか普及が進んでいないのが現状だ。そんな中、経済産業省とキャッシュレス推進協議会が音頭をとり、QRコード決済サービスを提供している各社がさまざまな還元キャンペーンを実施する。1日限定や15〜18時限定などややこしいのでここでまとめておく。

LINE Pay→還元上限5000円相当の20%還元など

3月29日限定ではなく、3月31日23時59分まで20%還元のキャンペーン「春の超Payトク祭り」を実施中だ。スマホにコードを表示して支払うコード払いだけなく、電気料金の支払い票などのバーコードを読み込んで決済する請求書払い、JCBブランドのバーチャルカード/プラスチックカードを使ってのオンラインショッピングや店舗での支払い、バーチャルカードをGoogle Payに登録することで利用できるQUICPayによる非接触決済など、さまざまな方法を利用できる。1人あたりの上限は5000円相当なので、2万5000円ぶん使うと最大の還元を受けられる。キャンペーンポイントは5月末までに進呈される予定だ。

そのほか、「もらえるくじ」キャンペーンも実施中で、100円以上の決済で、はずれもしくは10円〜2000円までのくじがあたる。あたりくじは瞬時にLINE Pay残高に還元されるほか、20%還元キャンペーンの上限金額には加算されない。

PayPay→還元上限1万円相当の20%還元など

3月29日15時~18時限定で、PayPay加盟の飲食店でPayPay決済を利用すると、支払額の最大20%のPayPayボーナスが付与される。1人あたりの上限金額は1万円相当なので、5万円を使うと最大限の還元を受けられる。PayPay残高に還元されるのは4月20日前後。

なお、5月末まで実施中の「第2弾100億円キャンペーン」とは併用できない排他ルールで、ユーザーが有利になるどちらか一方のキャンペーンが適用される。

Origami Pay→還元上限1000円相当の10%還元など

3月29日の1日限定で、Origami Payが使える店舗で決済すると常に10%還元となる。1人あたり最高1000円相当の還元となる。また29日15〜18時の間に利用すると、後日100円オフのクーポンがプレゼントされる。なお、ほかのOrigamiクーポンとの併用不可だ。

楽天ペイ→還元上限200ポイントのポイント山分けなど

3月29日15時~17時59分限定で500円以上を決済した場合に、総額32万9000ポイントの楽天ポイントが山分けされる。事前に「楽天ペイ」アプリで支払カードを楽天カードに設定したうえで、専用サイトでエントリーする必要がある。1人あたりの上限は200ポイントだが、山分けされるポイント数は参加人数によって変化し、32万9000人以上が参加すると1ポイントとなる。上限の200ポイントを取得するには、参加人数が1645人以下でなければならない。キャンペーンポイントは4月末までに進呈される予定だ。

そのほか楽天Payでは、4月8日午前9時59分までの期間限定で20%還元キャンペーンも実施中だ。楽天ペイで決済すると、200円単位で通常の1ポイントに加えてキャンペーンポイントが最大39ポイント付き、合計40ポイントになる。1ポイントは1円相当なので40ポイントなら40円相当、つまり決済額の20%還元(40円÷200円=20%)だ。還元上限ポイントは3000ポイント(3000円相当)となる。山分けキャンペーンと同様、支払元を楽天カードに設定したうえでウェブサイトからのエントリーが必要だ。

ドコモd払い→還元上限5000ポイントの20%還元など

3月29日限定ではなく、3月31日23時59分まで20%還元のキャンペーンを実施中だ。「d払い」アプリをスマホにダウンロード後、このキャンペーンにエントリーすることで20%還元を受けられる。具体的には、通常200円で1ポイントが付与されるdポイントにキャンペーンポイントとして39ポイントが追加され、合計40ポイント(40円相当)となる。1人あたりの上限は5000ポイントなので、2万5000円ぶん使うと最大の還元を受けられる。キャンペーンポイントは5月末までに進呈される予定だ。

同じく事前エントリーが必要だが、毎週金・土曜日限定で、dポイントが3倍になるキャンペーンも並行して実施している。

メルペイ→おにぎり11円などのクーポン配布など

3月14日にiOS、3月19日にAndroidでのコード決済サービスを開始したが、プレミアムフライデー向けのキャンペーンなどは特に実施していない。メルペイは非接触決済のiD経由の決済も可能なので、iDのキャンペーンは利用できる。具体的には、ロッテリアで「絶品チーズバーガー」を1個買うと、もう1個無料(iPhoneとApple Watch限定)。東京(5月2日〜6日、駒沢オリンピック公園・中央広場)や大阪(4月30日〜5月6日、大阪城公園・太陽の広場、広島(5月2日〜6日、旧広島市民球場跡地)で開催される餃子フェスで、500円のファストチケットなしで餃子を食べられる特典など。なお餃子フェスの広島会場ではiD×メルカリブースの出展が決まっており、さらにソフトドリンク無料券がもらえる。

【2019.03.29 10:15追記】
メルペイは3月29日、クーポン機能の提供を発表した。第1弾のクーポンとして3月29日より、全国の「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で利用できるクーポンを配布する。「セブン-イレブン」では、おにぎり1個が11円(税込200円以下のおにぎり)、「はま寿司」で中とろ一皿が無料になる。クーポンはiDとコード払いのどちらの決済でも利用可能だ。今後も「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで使えるクーポンを配布していくとのこと。

まとめ

プレミアムフライデーに合わせてアクションを起こす必要があるのは、PayPayとOrigami Pay、楽天Pay。PayPayは飲食店限定、Origami Payや楽天Payは加盟店すべてで使えるが、29日15時〜18時(17時59分)までの3時間以内に決済を済ませる必要があるので注意。この時間を逃すと、PayPayは上限5000円の20%還元となる。Origami Payは100円オフクーポンはもらえなくなるが、29日中の決済なら10%還元が受けられる。楽天Payは通常の40倍ポイント(実質20%還元)が適用される。

【2019.03.29 11:15追記】キャッシュレス推進協議会は3月29日、霞ヶ関の経済産業省で各社とともに「キャッシュレスキャンペーン」 キックオフイベントを開催。今回の「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」だけでなく、4月26日〜5月6日に「キャッシュレス・ウィーク」も開催予定であることを明らかにした。こちらについては各社から順次詳細が明らかになる予定だ。イメージキャラクターは「鉄腕アトム」が務める。現状で判明している各社のプレミアム“キャッシュレス”フライデー、キャッシュレス・ウィークに向けたそのほかの施策は以下のとおり。

・ドコモd払い
4月24日〜5月7日にも20%還元キャンペーンを実施する。d払いのほかiD決済にも適用される。

・Origami Pay
ゴールデンウィーク中に地方の店舗を紹介する特集コンテンツを掲載するほか、初めての利用限定で10%オフのクーポンを配布する。

・PayPay
実施中の「第2弾100億円キャンペーン」のほか、ソフトバンクまとめ払いで10%還元も展開予定。本日のプロ野球開幕戦に合わせて、福岡 ヤフオク!ドームでのPayPay決済をサポートするという。

・JR東日本
3月29日の「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に合わせて、登録したSuicaの利用でJRE POINTが10倍になるキャンペーンを実施。さらに3月末まで、5000円の買い物で500ポイントの還元が受けられる。

・三井住友カード
5月31日まで、プロパーカードかSMBCデビットカードを使う条件で、還元上限1万円の20%還元キャンペーン、上限10万円として50回に1回の確率で全額キャッシュバックが受けられる「ダダチャン!」キャンペーンを実施中。

・楽天
4月27日〜5月6日の期間、コンビニで楽天カード、楽天Edy、楽天ペイで決済することで、ポイントが最大2.5倍になるキャンペーンを実施予定。

・イオン
独自の電子マネーであるWAONにて、4月1日〜6月30日の期間に毎日ポイントプラスのキャンペーンを実施予定。この期間中は、200円ごとに1ポイントがもらえる基本付与ポイントに加えて、月間累計利用金額200円ごとに1ポイントがもらえる。このポイントアップぶんは翌月にまとめて付与される仕組みだ。

4月15日からはWAONにG.G特典をプラスすることも可能になる。G.G特典とは、毎月15日に55歳以上の利用者が5%割引になる特典。これまでG.C特典を利用できるWAONカードはほかのWAONカードとは別だったが、今後は1つのカードにまとめることが可能になる。さらに、65歳以上が利用できる「ゆうゆうワオン」と呼ばれる電子マネーカードも発行しており、毎月15日のG.G特典による5%割引に加え、同一店舗(直営店)で3000円以上を利用するともれなく100ポイントもらえる特典が付く。イオンは他社とは一線を画し、シニア層を強く意識した施策を打ち出している。

全国各地のデパートなどで実施中のプレミアムフライデー施策については、経済産業省が公開している「3月の『プレミアムフライデー』 直前情報」のPDFファイルで確認できる。