月額4万円から住み放題のADDressで札幌生活も楽しめる、月2万円のカップルプランも新設

次の記事

「スマートタンポン」で子宮内膜症を発見するNextGen Janeが1億円超を調達

定額で日本国内のさまざま地域に最長1週間住める、いわゆるコリビング(co-living)サービスを展開するアドレスは、4月1日に正式にサービスをローンチした。

同社が提供する「ADDress」は、登録拠点ならどこでも住み放題になるサブスクリプション型の多拠点居住のシェアサービス。各拠点ともユーザーごとに個室を利用でき、リビングやキッチンを共用するシェアハウスのような利用が可能だ。住居は、空き家や別荘を活用し、一部はリノベーションすることでコストを圧縮している。

同社では2月に住み放題の11拠点を発表していたが、今回の正式ローンチでは北海道札幌市(4月8日から)と山梨県南巨摩郡(みなみこまぐん)の2拠点を加え計13拠点に増えている。

鎌倉の拠点

利用料金は、年払い会費が48万円(ひと月あたり4万円)、月払い会費が5万円、法人月払い会費が8万円からとなっている。1個室の連続予約は1週間まで、法人の場合は1アカウントの同時利用は不可。また、一部地域物件は光熱費が別途かかる。

正式ローンチとともに新設されたカップルプランは、従来の月額料金に加えて月額2万円を追加することで、パートナーや家族と個室に2人で住めるプランだ。

第1期法人会員として、ガイアックス、CAMPFIRE、認定NPO法人フローレンス、リクルート住まいカンパニー、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス(トライアル利用)が決まっていたが、新たに25歳〜62歳までの個人会員の加入も発表された。個人会員の居住地は、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、埼玉県、沖縄県、北海道、群馬県、茨城県、長野県 愛知県、滋賀県、福井県、京都府、兵庫県、鳥取県、香川県、福岡県、宮崎県、インド となっており、男女比は63.5%/36.5%。

同社は今後、東北、九州、離島も含めて年内100拠点を追加オープンする予定とのこと。4月からは企業の規模を問わず、有給休暇の義務化・罰金化が始まる。ADDressを使って住めるのは最長1週間なので定住はできないが、有給休暇を上手く使って各地を巡る旅に出かけるのもいいだろう。