WinTicket
サイバーエージェント

サイバーエージェントが競輪のネット投票サービスを開始、「AbemaTV」で競輪チャンネル開設も

次の記事

AIが瞬時に契約書の内容をレビューする「LegalForce」が正式ローンチ

サイバーエージェントは4月2日、子会社であるWinTicketを通じて競輪のインターネット投票サービスを開始したことを明らかにした。

WinTicket」は競輪のネット投票やライブ映像の視聴・精算ができるサービスだ。オッズや選手データ、レースの開催日情報、過去のレース結果など関連するデータをオンライン上で提供。モーニングやミッドナイト、ガールズケイリンなど全国の競輪場のライブ中継を無料で配信する。

AIや有名タレントによる予想を参考にしながら、初心者でも気軽に参加できるのが特徴。レースを見ながらの投票も可能だ。

サイバーエージェントでは同サービスの提供に合わせて、インターネットテレビ局の「AbemaTV」にて競輪チャンネルを新たに開設することも発表。WinTicket上で番組と連動した企画も実施する予定だという。

同社によると2017年時点で競輪の売上高は約6400億円、オートレースの売上高は660億円と算出されていて、近年インターネット投票の伸びが顕著な領域。そのような背景もあり、これまで競輪にあまり触れることの無かった若い世代にもその面白さを伝えることを目指して今回のサービス提供に至った。

今後WinTicketではオートレースなど他の公営競技にも対応する予定。サイバーエージェントは「『WinTicket』のサービス展開および『AbemaTV』での放送を通じて、公営競技のインターネット投票の促進と新たなファン層の獲得を図ってまいります」とコメントしている。