アップルがHomePodの価格を50ドル値下げ

次の記事

Uberの旅行コンシェルジュ版目指す「tabiko」が6000万円を調達

米国時間4月4日、Apple(アップル)のスマートスピーカー「HomePod」が299ドル(約3万3000円)に値下げされた。

2017年中旬に発表され2018年初旬に発売された、Siriを内蔵したAppleのスマートスピーカーは、当初は349ドル(約3万9000円)の価格とプレミアムなサウンド、デザインにてAmazon(アマゾン)やGoogle(グーグル)が占拠するマーケットに挑んだのだ。

それにしても、299ドルという価格は相変わらずひどく割高だ。昨年のホリデーシーズンには、HomePodは249ドルにて販売されていた。なおAppleはTechCrunchに対し、今回の値下げが恒久的なものだと認めている。

また、299ドルという価格はHomePodの整備済み製品につけられていた価格だった。そして、現在整備済み製品は259ドル(約29000円)に値下げされている。しかしどちらのバージョンも売り切れており、これは後継機の存在を予測させる。

「HomePod 2」の噂は以前からあったが、その詳細はまだわかっていない。発見された特許出願を参考にすれば、本体上部のディスプレイの機能が拡張される可能性がある。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter