サイバー犯罪のグループはFacebook上で繁栄を続けている

次の記事

ソーシャルメディアに暴力コンテンツの責任を問う法案が豪議会を通過

Facebookで何を買えるかを知ったら、誰もが驚くだろう。場所さえ知っていれば、何でも買える。Ciscoのセキュリティグ研究チームTalosの連中が、フィッシングや盗んだ認証情報、スパムなど、不法もしくはいかがわしい手段でお金を得ているFacebookのグループをたくさん見つけた。研究者たちが見つけた74のグループは、メンバー数の合計が38万5000人にも達する。

意外にも、それらのグループは自分たちの活動を隠そうとしていない。例えばTalosは、クレジットカードの番号を3桁のセキュリティコード(CVVコード)つきで売っている投稿を見つけた。持ち主本人の顔写真つき、というのもある。研究チームによると:

これらのグループの大半は、“Spam Professional”、“Spammer & Hacker Professional”、“Buy Cvv On THIS SHOP PAYMENT BY BTC 💰💵”、“Facebook hack (Phishing)”などなど、すぐにそれと分かる名前を使っている。そんな露骨な名前であるにもかかわらず、彼らはFacebook上で最大8年も存続し、その間にメンバーを何万人も獲得している。

盗んだ認証情報だけでなく、政府機関や企業などのシェルアカウントも売られており、彼らは大量のお金を移動する専門的技能を自慢し、偽のパスポートや本人認定文書などの偽造を売り込んでいる。

サイバー犯罪に関わっているFacebookユーザーが暴かれたのは、今回が初めてではない。2018年にBrian Krebs氏が報じた120のグループは計30万名以上のメンバーを抱え、フィッシング、スパミング、ボットネット、オンデマンドのDDoS攻撃などの犯行に手を染めていた。

Talosの研究者たちはブログでこう説明している。「Krebsが見つけたグループは恒久的に無効にされたが、それから数か月後にTalosは、一連の新しいグループを発見した。その一部は驚くべきことに、Krebsが報じているグループと同一または類似の名前だった」。

Talosの研究員のJaeson Schultz氏はこう書いている。「一部のグループは直ちに削除されたが、特定のポストだけを削除されたグループもいる。最終的にはFacebookのセキュリティチームにコンタクトして悪質なグループの大半を即座に取り除いたが、今でも新しいグループが次々と誕生しており、一部は今すでに活発に活動している」。

サイバー犯罪グループはFacebookが毎日のようにやらされているもぐらたたきゲームの、もぐらたちの一部にすぎない。Facebookは規模があまりにも大きく、その大きさに見合うだけの防犯対応能力を確保しないために、ここで述べたような不法かつ有害な活動は、今後も人の目の行き届かないあちこちの隅っこで、栄え続けるだろう。

Facebookのスポークスパーソンは次のように語った。「これらのグループはスパムや金銭的詐欺を禁じている当社のポリシーに違反しているので削除する。もっと警戒を強めねばならないことは分かっており、我々はこのような活動と戦うために分厚い投資を行っている」。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa