Android上のGoogleアシスタントのビジュアルな答えが改良された

次の記事

Twitterが会話をフォローしやすくするためのラベル表示をテスト中

半年ぐらい前にGoogleは、スマートフォンのGoogleアシスタントのルックスを一新した。そして米国時間4月6日、同社はそのフォローアップとして、Android上のGoogleアシスタントのビジュアルな応答性を良くするための、小さいけどすてきな手直しを発表した。それによってアプリの使い心地は、Googleのそのほかのサービスと同じになるだろう。

例えば、イベントをたずねたときの応答は、同じ質問をモバイルのブラウザー上でたずねたときとまったく同じだ。これまでは、Assistantのビジュアルな応答は、かなり簡略化されていた。

  1. Events

    イベント
  2. Stocks

    株価
  3. Dog

  4. Cats

また、これにはユーザーからの苦情もありそうだが、アシスタントでは最適解がないのでWebサイトのリストを「その他の解」としてユーザーに見せるとき、2つのボックスを画面上に縦に並べた。それは、とっても見づらい。しかし今度からは、普通のGoogle検索のレイアウトと同じになる。

良いアイデアじゃないの。なんでそれに苦情が来るの?つまり、表示が通常のGoogle検索と同じになったことによって、検索広告も出るのだ。アシスタントが広告をユーザーに見せるのは、これが初めてだ。ウェブサイトのリストを答としてもらうような質問は、そんなに多くないから、まあいいじゃないか。でもユーザーが心配するのは、これをきっかけにアシスタント上の広告が今後多くなることだ。

Googleによると、アシスタントのユーザーに見せるその広告では、広告主は広告のターゲティングができない。そしてユーザーに関する情報を、捕捉しない。

今度のアシスタントは、住宅ローンの計算や、カラーピッカー(画面から色を拾う)、チップの計算、水準器などの機能が加わった。また、株価を知りたいときは、完全な対話型のグラフでそれができる。今までのように、株価が表示されるだけではない。

これらの新しい機能は今のところ、米国のAndroidスマートフォンのみだ。例によって、あなたのお手元のスマホに現れるのはもうちょっとあとだね。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa