oppo

Oppoが10倍ズームスマホ「Reno」を発表

次の記事

GoogleアシスタントでついにG Suiteのカレンダーを管理できるようになる

中国OPPO(オッポ)はフラッグシップスマートフォン「Reno」を発表した。そのうちの上位モデルは10倍ズームカメラと4800万画素センサー、ディスプレイ指紋認証機能を搭載し、また5G通信に対応したモデルも用意される。

スイスのチューリッヒにて発表されたこのスマートフォンは、6.4インチディスプレイを搭載した標準モデルと、10倍ズームカメラやSnapdragon 855プロセッサを搭載した6.6インチモデルが存在する。

 

Renoの5Gモデルの詳細はまだ発表されていないが、OPPOによれば「ヨーロッパ市場にて最初に投入される5G対応スマートフォンになる」とのこと。なお、取り扱い通信会社はSwisscomとなる。

また興味深いことに、RenoはOPPOブランドにとって縁の遠かった米国市場にも投入される。ヨーロッパやインド市場での投入計画の詳細は、今後発表される予定だ。

Renoのベースモデルの価格は約450ドル(約5万円)から、10倍ズーム機種は約600ドル(約6万7000円)からとなる。5G非対応モデルの最上位機種は700ドル(約7万8000円)を超えることになる。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter