京都大学
東北大学
iPS細胞

バイオバンクの保存血液からiPS細胞の樹立に成功、15万人分の血液が今後の研究に貢献

次の記事

Instagramストーリーの公開範囲にバグがあった

東北大学東北メディカル・メガバンク機構京都大学iPS細胞研究所は4月11日、東北メディカル・メガバンク(TMM)計画に参加した住民の保存血液からiPS細胞を樹立することに成功したと発表した。これにより、TMMのバイオバンクに保存されている約15万人分の血液細胞から必要に応じてiPS細胞を樹立できる可能性が出てきた。

TMM計画とは、東北大学東北メディカル・メガバンク機構と岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構により2013年に開始された取り組み。協力に同意した宮城県と岩手県の住民約15万人以上から提供された生体試料(血液や尿など)や、健康に関わる様々な情報を保管するバイオバンクだ。

東北大学東北メディカル・メガバンク機構は京都大学iPS細胞研究所と2016年に共同研究を開始。そして2018年10月に参加者のうち6人分の血液細胞からiPS細胞を樹立することに成功した。

今回の成果により、TMMのバイオバンクに登録されている遺伝情報などをもとに細胞を選択してiPS細胞を樹立し、それらを分化(iPSから別の細胞を作製)することで、細胞や組織の機能に対する遺伝子型の影響を解析することが可能になる。この研究が進めば、それぞれの患者の遺伝的背景などに応じて最適な治療を行う「個別化医療」の進展に貢献できるすることが可能だという。