朝日メディアラボベンチャーズ
大和企業投資
kakutoku
カクトク

フリーランス営業職のマッチングプラットフォーム「kakutoku」が1.4億円調達

次の記事

折り畳みスマホSamsung Galaxy Fold使用レポート(1日目)

カクトクは4月18日、大和企業投資、朝日メディアラボベンチャーズ、iSGSインベストメントワークス、ドーガン・ベータが運営するファンドを引受先とした、約1.4億円の第三者割当増資を発表した。同社としてはシリーズAラウンドの資金調達となる。

左から、朝日メディアラボベンチャーズ白石氏、同山田氏、カクトクCEO満田氏、同CTO仙石氏、 iSGSインベストメントワークス五嶋氏、 KLab Venture Partners御林氏

同社は、フリーランスの営業職と企業をマッチングサービス「kakutoku」を提供しており、今回の資金調達によりサービス拡大に向けた営業・マーケティング体制の強化、kakutoku上で営業即戦力を組織化するためのサポート強化およびびマネジメント機能の開発を進めていくとのこと。

ランサーズがまとめた「フリーランス実態調査2018年版」によると、フリーランスの経済規模は20兆円と拡大傾向にあり、国内のフリーランス人口1119万人のうち137万人がビジネス系、営業職が占めているとのこと。

企業はkakutokuを通じて、自社サービスや商品と相性の合う営業人材に業務委託形式で仕事を依頼できるのが特徴。採用難による採用コストの増加や人材のミスマッチを回避できるほか、業務委託形式のため短期間で営業組織の拡大が可能となる。

フリーランス側としては、オンライン上で自分に適したうサービスや商品を提供している企業を検索できるほか、複数の企業から案件を請け負うことも容易になる。同社によると、現在kakutokuに登録済みのフリーランス営業は2500人を超えており、合計報酬が1000万円超えの人材も誕生しているとのこと。