ランチタイム委託店長システム
テンポスフィナンシャルトラスト

ランチ営業店長シェアリング開始に向け、よじげんが説明会を開催

次の記事

電動スクーターが2018年の全マイクロモビリティ移動の45.8%を占める

よじげんは4月19日、テンポスフィナンシャルトラストと業務提携の業務提携し、飲食店の人材不足解消を目的とした「ランチタイム委託店長システム」の提供を発表した。4月23日15時から、東京・新宿戸山にあるテンポス新宿店セミナールームにて第1回の説明相談会を開催する予定で、現在参加者を募集中だ。

よじげんは、飲食店の空き時間を活用したクラウドキッチンサービスを提供しており、飲食店の空き物件を月単位で賃貸可能にする「よじげんスペース」、業務用冷蔵庫のシェアリング「よじげんフリーザ」などのサービスを手がけている。テンポスフィナンシャルトラストは、中古厨房機器大手テンポスのグループ企業。今回の業務提携によってよじげんは、自社の飲食店の空き時間活用ノウハウと、全国に約60店舗、飲食店会員35万軒を抱えるテンポスグループの飲食店ネットワークを活用して、ランチ営業の外部委託サービスを提供する。

人手不足などにより、ランチ営業が難しい店舗を日中に借り受けて、希望者がランチタイムに営業できる取り組み。希望者にとっては初期投資や家賃代を軽減できるほか、店舗側にとっては遊休状態のスペースや設備を有効活用できるうえ賃貸収入も手に入ることになる。