Marcus Hutchins
malware
Kronos

マルウェア研究家マーカス・ハチンズが有罪を認めた

次の記事

アップルは世界規模で製品のリサイクルプログラムを拡大

マルウェア研究家のマーカス・ハチンズ(Marcus Hutchins)が、銀行を狙う強力なマルウェアを作り、そして売ったとされる嫌疑で2つの訴因に有罪を認め、アメリカの検察との長期戦を終わらせた。

英国籍のハチンズはMalwareTechというハンドル名を名乗り、2017年8月に、ラスベガスで行われたセキュリティカンファレンスDef Conから英国へ帰国しようとしたところを逮捕された。検察はハチンズを、さかのぼる2014年に銀行を狙うマルウェアKronosの作成に関与したとして告発した。その後彼は、保釈で出獄した。

司法取引協定がウィスコンシン州東部地裁に提出され、そこでこの訴件は米国時間4月19日に審理された。彼の裁判は今年後半に開始されると決まった。

ハチンズは、Kronosを配布した罪を認めることに同意した。それは銀行のウェブサイトからパスワードとそのほかの認証情報を盗むためのトロイの木馬だ。最近の数年間そのトロイの木馬は拡散を続けた。彼また、第二の訴因である共謀罪でも有罪を認めた。

ハチンズは最大で10年の懲役刑に直面している。検察は、そのほかの訴因を取り下げた。

自分のウェブサイト上の短い声明で、ハチンズはこう言っている。「これらの行為を悔い自分の過ちに関し全面的に責任を取る」。

「大人になってからは自分が数年前に誤用した同じスキルを建設的な目的に使ってきた。今後も自分の時間を、人びとをマルウェアの攻撃から護るために捧げ続けたい」。

彼の弁護士Marcia Hofmann氏はコメントの求めにすぐには応じなかった。

ハチンズは、逮捕の数カ月前の2017年5月にWannaCryランサムウェアの犯行の拡散を止めて有名になった。その犯行は、国家安全保障局(National Security Agency、NSA)が開発し、のちにリークした強力なハッキングツールを使って何千ものWindowsコンピューターにバックドアを作り、ランサムウェアをインストールした。後日それは北朝鮮が支援するハッカーのしわざとされ、イギリスの病院や世界中の大企業のインターネット接続を断ち業務を麻痺させた。

彼はマルウェアのコードの中に見つけたドメインネームを登録することによって、感染の拡大を止め、それによって英雄視された。

保釈の前後にハチンズはセキュリティコミュニティからさらに賞賛され尊敬された。彼はマルウェア分析の分野に寄与貢献し、また自分の発見を公開して、そこから他の人びとが学べるようにしたからだ。

司法省のスポークスパーソンNicole Navas氏は、コメントを断った。

関連記事: WannaCryのヒーローの支持者グループ、クラウドファンディングで裁判費用を募金

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa