ランドロイド
laundroid
セブンドリーマーズラボラトリーズ
seven dreamers laboratories

夢の衣類折り畳みロボ「laundroid」開発会社が倒産、負債総額は22億5000万円

次の記事

スキマ時間に面接不要で働けるタイミーの新事業、旅をしながら働く「ただ旅」

帝国データバンクによると、seven dreamers laboratories(セブンドリーマーズラボラトリーズ)は、4月23日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた

同社は、睡眠サポート器具「ナステント」、カーボン製ゴルフシャフトなどの販売のほか、世界初の全自動衣類折り畳み機「laundroid」(ランドロイド)の開発を手がけていた企業。laundroidの開発にはパナソニックと大和ハウス工業も参入し、2017年度の一般販売を目指していた。 また同社は、両社から2018年9月に第三者割当増資で10億円を調達していた。

laundroidの開発が難航したことで赤字が膨れ上がり、2018年度中の販売も再度延期。2018年11月には、ゴルフシャフト事業を別会社に譲渡したほか、大幅減資による累損解消を実施したが、持ちこたえられなかった。負債は債権者約200名に対して約22億5000万円とのこと。

「ナステント」は、手軽にいびきを解消できるグッズとして人気が高かった

子会社のセブン・ドリーマーズ・ランドロイドも負債約9億3000万円で、同日に破産手続き開始決定を受けている。同社が手がけるlaundroid事業およびナステント事業については、現在事業譲渡の交渉を進めているという。未完の衣類折り畳みロボのlaundroid事業の譲渡は難航するかもしれない。一方、いびきや無呼吸睡眠を手軽に改善できるナステントは、医療機器として広まりつつあるので今後の動向が気になる利用者も多いだろう。

【2019.04.24 09:00追記】
seven dreamers laboratoriesによると、「ナステント」については当面の間は継続して事業を運営するとのこと。いびきや睡眠時無呼吸症候群の改善で同製品を必要としていた利用者はひとまず安心だ。