Tumblrがようやく全アカウントでHTTPS通信が有効に

次の記事

自動車データ活用のSmartcarがライバルのOtonomoをAPIの盗用で提訴

かなり遅れたが、TumblrはついにすべてのサイトにてHTTPS通信をロールアウトさせた。

Tumblrの開発者ページにて公開された短い投稿によれば、現在はすべてのTumblrのサイトがデフォルトで暗号通信に設定されている。また同社は、この移行がかなり遅れたことを認めている。

TumblrはTechCrunchと同じようにVerizonの傘下サービスで、4億6400万人のユーザーを抱え、Alexaのデータによれば世界で44番目に書き込みの多いサイトだ。そして、HTTPSの非対応サイトとしてはトップランクだった。

TumblrのHTTPSへの移行は2017年から始まったが、ユーザーが機能を有効にする必要があった。

HTTPSの「S」はセキュアを意味しており、ウェブサイトやアプリの通信を暗号化し、他人によるデータの取得や改ざんを防ぐ。近年では数多くのウェブサイトが、プライバシーやトラッキング、監視の観点からHTTPSを導入している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter