アップルがiOSのApp Storeで発生していたバグを修正

次の記事

ブロードバンドインターネットをワイヤレスで実現するStarryが140億円相当の資金調達へ

アップルはiOSの新規アプリや利用中のアプリのアップデートをダウンロードできないApp Storeのバグを修正した。このバグはユーザーが「Agree」(同意する)ボタンをタップしても利用規約のダイアログがポップアップし続けるというもので、影響を受けたユーザーの数は不明。

この問題に関してTwitterのApple Supportアカウントにサポートを求めたユーザーは、不満をあらわしていた。

9to5MacAppleInsiderは、ソーシャルメディアに苦情が投稿されていることを引き合いに出してこの問題を報じていた。Apple Supportアカウントは問い合わせてきた顧客に対して公式には対応せず、 詳細をDMで知らせるように呼びかけたり、接続の問題に関するサポート文書を案内するにとどまっていた。

アップルの問題に詳しい情報筋によれば、このバグによる影響を受けたのは世界中のiOSユーザーのごく一部だったようだ。とはいえ、iPhoneのインストールベースなどを考えれば「ごく一部」は相当な数かもしれない。

また9to5Macによれば、このバグはiOSの開発者向けリリースだけでなく、パブリックリリース(iOS 12.2)でも発生していた。

利用規約のポップアップを回避してアプリのダウンロードやアップデートをする方法はなかった。ユーザーがこのループから抜けてiPhoneを使える状態に戻すには「キャンセル」をタップするしかなかった。

TechCrunchは、アップルがこのバグを修正したことを確認した。バグの修正に関して、ユーザーがアップデートをダウンロードするなどの対応をする必要はない。App Storeのバックエンドで問題が解決されている。

画像:TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)