パフォーマンスレビューをアップデートするLatticeが16億円超を調達

次の記事

Motorola Razrが縦に折り畳みで復活か?

Sam Altman氏の弟、Jack Altman氏も起業家だ。

Teespringの事業開発担バイスプレジデントとしての経歴を持つJack Altman氏。彼のスタートアップで企業の目標設定を最新のアプローチで手助けするLatticeは、シリーズBラウンドで1500万ドル(16.7億円)の資金調達を実施した。 Shasta Venturesがリードしたラウンドには、Thrive Capital、Khosla Ventures、そしてY Combinatorが参加した。

兄のSam Altman氏はつい最近までY Combinatorのプレジデントを務めていた。

Reddit、Slack、Coinbase、Glossierなどの急成長している企業で使用されているLatticeは、人事担当者が社のチームに関する状況を把握するのに役立つ。 同社は2015年に設立された。Jack氏とEric Koslow氏は、多くの起業家のように、自分たちの経験を基にLatticeの構想を思いついた。

「四半期ごとの目標設定(OKR)では、それらを書き出して指導者がチェックした後、『棚に座っても何も起こらない』ということに気が付いた」とJack氏はTechCrunchに語った。

SaaSビジネスであるLatticeは、スタートアップや大企業の特有の文化、管理慣行、および従業員の関与に対するさまざまなアプローチに対応する、柔軟なプラットフォームだ。

GmailやSlackなどのプラットフォームから着想を得たこの製品は、消費者を念頭に置いて設計されている。 チームは、Latticeでは、既存のHRプラットフォームが時代遅れになっていると感じるUIやUXをを持っている、と同社は説明する。

この製品により、従業員やそのマネージャーが、エンゲージメントに関するアンケートを行うこと、フィードバックを共有すること、1対1のミーティングをセッテイングすることなどを簡易化し、結果、会社の目標設定プロセスを全面的に見直すことができる。年に1度ではなく、毎週の従業員に対するパフォーマンスレビューを推奨し、可能とする。

Latticeは現在、顧客数が1200人、従業員数が60人で、2019年第1四半期に初めてキャッシュフローがブレークイーブンに。調達した資金を基に、サンフランシスコに拠点を構えるLatticeはプロダクト開発を加速させる。

Latticeはこれまでに、 SV Angel、Marc Benioff、Slack FundとFuel Capital、Sam Altman、Elad Gil、Alexis Ohanian、Kevin Mahaffey、Daniel Gross、そしてJake Gibsonから資金を調達。同社はY Combinatorのスタートアップ・アクセラレーターを2016年に完了している。

(本稿は米国版TechCrunchの記事を翻訳・編集したものです)

[US版TechCrunchの記事はこちら]