Reiwa
令和

令和元年5月1日現在の各OS、主要アプリの新元号対応まとめ

次の記事

MirantisのModel Designerツールでオンプレミスクラウドの構成を楽に

2019年5月1日、新天皇が即位し、日本の元号が平成から令和に変わった。これに伴い、PCやスマートフォンのOSやアプリで新元号への対応が始まっている。2019年5月1日(令和元年5月1日)現在の対応状況を以下にまとめた。

  • Windows
    直近のアップデートで対応済み。近日配布予定。
  • macOS
    現時点は未対応だが、一般ユーザーも登録すれば利用可能なパブリックベータや開発者向けのデベロッパー版はすでに令和対応になっているようだ。近い将来のアップデートで対応するものと考えられる。
  • iOS
    macOSと同様に現時点は未対応だが、一般ユーザーも登録すれば利用可能なパブリックベータや開発者向けのデベロッパー版はすでに令和対応になっているようだ。こちらも近い将来のアップデートで対応するものと考えられる。
  • Android
    OS自体にそもそも日本の元号を表示する機能がない。サードパーティーのアプリで令和の表示に対応済みのものがある。
  • Office 365
    Windows版、macOS版、iOS版、Android版とも、直近のアップデートで対応済み。

    左がiOS版、右がAndroid版

    ただし、「令和元年」とはならず「令和1年」と表示されてしまうが、令和元年に変更する方法もある。具体的には、セルの表示形式を「ユーザー定義」に変更して、新たに「[<=43585][$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”;[>=43831]ggge”年”m”月”d”日”;ggg”元年”m”月”d”日”」という定義文を入力・設定すればいい。

  • Gmail
    そもそも日本の元号を表示する機能がない。
  • Googleドキュメント/スプレッドシート/スライド
    そもそも日本の元号を表示する機能が標準で用意されていない。
  • Googleカレンダー
    そもそも日本の元号を表示する機能はないが、Googleが配布している日本の祝日カレンダーでは、5月1日は「天皇即位の日」、10月22日は「即位礼正殿の儀の行われる日」、令和2年の2月23日の「天皇誕生日」も登録済みだ。
  • カレンダー(macOS、iOS)
    和暦表示はシステムの設定を反映するため、現時点では平成31年5月1日と表示される。一方、アップルが配布している日本の祝日カレンダーは、Googleカレンダーと同様に、今年に限って祝日になる5月1日、10月22日、新しく祝日になる2月23日などが登録済みだ。