マイクロソフトがフルマネージドブロックチェーンサービスを開始

次の記事

マイクロソフトがIoTにプラグアンドプレイを導入

Microsoft(マイクロソフト)は、ブロックチェーンテクノロジのAzureクラウドコンピューティングプラットフォームへの取り込みを急いではいなかった。しかしここ1年ほどの間に同社は、ブロックチェーン開発キットAzure Blockchain Workbenchを立ち上げ、そのペースを加速してきた。そして米国時間5月2日、開発者会議のBuildに先立ち、同社はAzure Blockchain Servicesを立ち上げることでさらに一歩前へと踏み出した。このサービスは、コンソーシアム型ブロックチェーンネットワークの形成、管理、そしてガバナンスを可能にするフルマネージドサービスだ。

ただし、ここで語られているのは暗号通貨の話題ではない。これは、企業たちがブロックチェーンテクノロジーの上に、アプリケーションを構築するのを支援することを目的とした、エンタープライズサービスなのだ。これはAzure Active Directoryと統合されており、新しいメンバーの追加、権限の設定、およびネットワークの正常性とアクティビティの監視を行うためのツールを提供している。

最初にサポートされる元帳はJ.P. Morgan(JPモルガン)のQuorum(クォーラム)である。「Quorumは世界最大のブロックチェーン開発者コミュニティを擁する、人気の高いEthereum(イーサリアム)プロトコルの上に構築されているので、それを選択するのは自然な選択でした」と本日の発表で述べたのは、AzureのCTOであるマーク・ルシノビッチ(Mark Russinovich)氏である。「これは、企業の顧客が要求している機密トランザクションもサポートしながら、豊富なオープンソースツールのセットと統合されているのです」。この統合を提供するために、MicrosoftはJ.P. Morganと緊密に連携を行った。

ただし、マネージドサービスはこのパッケージの一部に過ぎない。本日Microsoftはまた、開発者のスマートコントラクト開発を支援するVisual Studio Codeの拡張機能の提供も開始した。この拡張機能を使うことで、Visual Studio Codeユーザーは、Etheriumスマートコントラクトを作成およびコンパイルして、それらをパブリックチェーンまたはAzure Blockchain Service上のコンソーシアム型ネットワークに展開することが可能になる。そしてコードはAzure DevOpsによって管理される。

Microsoftの2つのワークフロー統合サービスであるLogic AppsFlowや、イベント駆動型開発用のAzure Functionsとの統合によって、これらのスマートコントラクト用のアプリケーション開発もさらに容易になる予定だ。

もちろんMicrosoftは、このゲームに参入する最初の大企業ではない。特にIBMは、近年ブロックチェーンの採用を強く推進しているし、AWSもまたこれまではこの技術をほぼ無視していたものの、いまやゲームに参加しようとしている。実際に、AWSはわずか2日前に、独自のマネージドブロックチェーンサービスを開始したばかりである。