Firefoxのエクステンションが証明関連の不具合でどれも動かず

次の記事

テスラが資金調達目標を440億円超に増額、イーロン・マスクが16.6億円購入へ

Firefoxを開いたらエクステンションがすべて無効になっていたり、動かなかったりしませんでしたか?

それは、あなただけではないし、あなたがそうしたのでもありません。多くの報告によれば、ある不具合のために、Firefoxのすべてのエクステンションが自動的に、完全に無効にされたのだそうだ。

各エクステンションがどれもレガシーの”エクステンションと見なされ、「Firefoxでの使用が検証できなかったので無効にされた」という警告が出る。

(↓(訳注)日本語表示)

太平洋時間5月3日午後5時40分ごろMozillaのバグトラッカーBugzillaに提出されたチケットが最初の報告で、その突然のエラーは、ブラウザーに組み込まれている証明書を署名するコードが午後5時直後に期限切れになったため、と示唆している。それはUTC時間で5月4日の午前0時だ。

証明関連の不具合だから、エクステンションを再インストールしても無駄だ。Mozillaがパッチを発行するしかない。

Mozillaのフォーラムの投稿で、アドオンのコミュニティマネージャーであるCaitlin Neiman氏がこう書いている。

太平洋時間6時10分ごろ受け取った報告によると、Firefoxの証明の問題によりアドオンが動かなくなり、アドオンのインストールもできなくなった。

私たちのチームは目下修復に取り組んでいる。さらに情報が得られ次第早急にこのポストをアップデートしたい。

一方Twitter上には、お詫びのツイートが。

[アドオンに問題が起きてごめんなさい。頑張って直しているので、アップデートをおまちください。]

画像クレジット: Johnathan Nightingale/Flickr CC BY-SA 2.0のライセンスによる.

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa