ゲーム周辺機器のRazer、トースターを作るハメに

次の記事

Firefoxのエクステンションが証明関連の不具合でどれも動かず

マイクロソフトはエイプリルフールを自粛するよう従業員に呼びかけていたが、この動きは今後、加速していくかもしれない。ゲーム周辺機器を開発し販売するRazerが「エイプリルフールネタ」のはずだったトースターを作るハメになったからだ。

2013年に「Give Us the Razer Toaster(Razerトースターをよこせ)」という名のFacebookページが誕生し、RazerのCEOのMin-Liang Tan氏は「100万いいね!を達成したら製造する」とコメント。

Give Us the Razer Toasterより

そして同社は2016年の4月1日、「Project BreadWinner」と題されたページでビデオを公開し、よりガチな雰囲気を出してきた。

100万いいね!を達成した後、Tan氏は「デザイナーとエンジニアのチームを編成」し、完成までは「数年かかる」が、進行具合をシェアすると約束した。

Tan氏の投稿いわく、Razerトースターのタトゥーを誰かが入れた場合、それは10万いいね!としてカウントされるということだった。

Facebookページ誕生から6年、4万4千いいね!と12個のタトゥーでRazerトースターの製造が進むこととなった。

が、Tan氏は、実はIPOの目論見書にRazerトースターについて書いていたと明かしている。