機械翻訳
Googleレンズ
テキスト読み上げ

新Googleレンズは外国語を読み取って翻訳結果を合成音声で読み上げてくれる

次の記事

Google I/O最大のVRニュースはVRニュースがなかったこと

米国時間5月7日に開幕したGoogle I/O 2019カンファレンスでは、強力なGoogle翻訳をさらに強化する機能がいくつも発表された。その1つがGoogleレンズのアップデートだ。スマートフォンで外国語のメニューや標識の写真を撮ると、Googleレンズがユーザーが指定する言語に翻訳してくれるデモが披露された。

この機能の一部はGoogle翻訳アプリにすでに組み込まれているが、今日はさらに機能が追加された。「聞く」ボタンをタップすると、Googleレンズは翻訳されたテキストを合成音声で読み上げる。また読み上げている箇所がハイライトされるのでユーザーはどの箇所なのか知ることができる。

レンズ開発チームはインドでベータテストを実施し、このテクノロジーが比較的能力の低いデバイスでも作動できるよう軽量化に務めてきた。Googleによればこの機能はわずか100KBで実装されているという。この機能はまだ一般公開されていない。

公開時期が不明なのにデモしたのかという不満も聞こえてきそうだが、ま、これがGoogle I/Oだ。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook