フォルクスワーゲンの新EVは予約受付開始24時間で1万台受注

次の記事

Anthem情報盗難事件で米司法省が中国人ハッカーを起訴

Volkswagen(VW、フォルクスワーゲン)は、電気自動車の新たなブランドIDの初モデル、スペシャルエディションを記念した特別イベントを開催し、欧州での事前予約の受付を開始した。受付開始から24時間で1万件以上の申し込みがあり、電気自動車に対する大きな需要があることを物語っている。

VWは5月8日、初モデルの名称、価格、スペックを明らかにした。このモデルを含めた電気自動車の開発に同社は数十億ドルをつぎ込んでいる。ID.3として知られる初モデルはハッチバックで、3つのバッテリーオプションが提供される。航続距離はWLTPでは330〜550km(205〜341マイル)。WLTP(Worldwide Harmonised Light Vehicle Test Procedure)は燃費と排ガスを測定する欧州の基準だ。

3万台限定のスペシャルエディション「ID.3」に関心のある客の数は「予想をかなり超えるもの」とVWは述べ、かなりの客が事前予約しようとシステムにアクセスしていて、これをさばくのに苦戦していることも明らかにした。

「アクセス集中により、いくつかのマーケットでは長い待ち時間と登録過程の中断につながっている」と発表文で説明している。「にもかかわらず、受付開始からの24時間で欧州全体で1万件以上の申し込みがあった」。

ID.3の生産は2019年末に開始し、初の納車は2020年半ばとなる見込みとのこと

VWが明らかにした申し込みの件数からうかがえるID.3への関心の高さは、規模はいくぶん小さいが2016年にTeslaがModel 3セダンの予約受付を開始したときのことを思い出させる。予約受付開始から1週間後にTeslaは顧客32万5000人がModel 3の予約金1000ドルを払った、と自慢した。Model 3の発売は2017年7月を予定していた。

VWの顧客はスペシャルエディションの予約金として1000ユーロ(1122ドル)を払う。ID.3スペシャルエディションでは、VWの充電アプリWeChargeに接続しているすべての公共充電ポイントや、欧州で展開されている急速充電ネットワークIONITYでの充電が最大2000kWhまで初年は無料になる。

インセンティブ前の価格が4万ユーロ(約4万4898ドル、約494万円)となるスペシャルエディションのWLTP基準での予想航続距離は420km(260マイル)だ。VWによると、ID.3のベースモデルは小さめのバッテリーを搭載し、ドイツでの価格は3万ユーロ以下からとなる見込み。

VWはここ数年、電気自動車コンセプトのIDシリーズを発表してきた。そしていま、ようやくそれらのいくつかの生産準備を始め、まずはID.3となる。VWはID.3を年10万台販売することを目指している。

ID.3ハッチバックは同社の新しいモジュールMEBで生産される初のモデルとなる。2016年に導入されたMEBは電気自動車を生産するためのフレキシブルなモジュールシステムで、VWは効率よく低コストで生産できる、としている。

他のモデルもすぐに続く見込みだ。VWは全部で20の電気自動車モデルの展開を計画している。最終目標は2025年までに電気自動車の年間販売台数を100万台にすることだ。

イメージクレジット: Volkswagen

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)