DCMベンチャーズ
ジャフコ

AI活用の中高生向けタブレット教材開発のatama plusが15億円を調達

次の記事

中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」運営のSORABITOが9億円を調達

写真右から、ジャフコでパートナーを務める北澤知丈氏、atama plus代表の稲田大輔氏、DCMベンチャーズの日本代表を務める本多央輔氏

atama plusは5月13日、ジャフコ、DCMベンチャーズのそれぞれが運用するファンドを引受先とする第三者割当増資を発表した。同社はこれにより、シリーズAラウンドで約15億円を資金調達。累計調達総額は約20億円となる。今回の増資により、開発スピードをアップさせるほか、プロダクトの強化および学習塾各社へのサポート体制を強化していくという。

同社が提供している中高生向けタブレット型教材「atama+」(アタマプラス)は、「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータをAIが分析し、各々に適した「自分専用レッスン」を作成することで学習を効率化するのが特徴。

現在、栄光(栄光ゼミナール)、学研塾ホールディングス、ティエラコムをはじめとする500以上の教室に導入されており、各教室で集めたデータを基にアルゴリズムやコンテンツが日々最適化されているとのこと。今年からは、駿台教育センターでは「AI演習講座」、Z会エデュースでは「AI最速定着コース」、城南進学研究社では「城南予備校DUO」として、atama+に特化したAI学習コースも開設されている。

atama+の教材は、高校生向けに数学・英文法・物理・科学、中学生向けに数学がある。平均学習完了時間は、高校の「数I」で16時間、「数A」で15時間とのこと。なお、文部科学省が告示している教育課程の基準である学習指導要領では、これらの授業時間は計175時間。学習と授業は同じ尺度で測れないが、AIによる効率化で学習成果を短時間で出せるのがatama+の特徴となっている。

具体的には、中学生や高校生の学習のつまずきの根本になっている単元をAIが突き止め、何を、どんな順番で、どのくらいの量やればいいかをナビゲートしてくれる。例えば、高校物理の「波の式・波の干渉」を学習する場合、「波の基本要素・波のグラフ」の講義動画や数学「三角比の定義」の演習問題等がレコメンドされるといった具合だ。

同社のデータでは、2018年のセンター試験の数IAで受講生の得点伸び率の平均が+50.4%となったとのこと。これは、受講前の2017年12月末の過去問成績と比べての数字で、2週間で平均14時間45分、1日あたり63分の学習結果によるものだそうだ。