Adobe Lightroomがチュートリアル・共有アルバム・テクスチャコントロールを新装備

次の記事

人気VRゲーム「Beat Saber」が「アーリーアクセス」を脱して値上げ

Adobe Lightroomは米国時間の5月14日、かなり久しぶりとなる新たなスライダーの追加を含むアップデートを受けた。そのスライダーは、画像に含まれるテクスチャを目立たせる効果を発揮する。この新機能は、Adobe製の写真編集、管理ツールの2019年5月リリースに含まれているもので、LightroomとLightroom Classicの他、Camera Rawでも利用できる。また、Lightroom内で利用できる新たな学習ツールもいくつか追加されている。これによって、初心者から上級者まで、写真編集の方法を学ぶことができる。さらに、クラウド版のLightroom用に共有アルバム機能も装備した。それら以外にも、いくつかの細かなアップデートが含まれている。

Adobeでは、新たなチュートリアルや、その他の学習機能の方をプッシュしているのだが、ほとんどの写真家にとっては、Lightroomが新たに装備したテクスチャコントロールの方が、より強い興味をひかれる機能だと思われる。前回AdobeがLightroomにメジャーな新機能としてツールを追加したのは、「かすみの除去」が最後だった。もう何年か前のことだ。テクスチャコントロールは、「かすみの除去」や「明瞭度」の調整機能と組み合わせて使うとより効果的で、毛髪、肌、樹皮など、中程度の大きさのテクスチャのディテールを際立たせることができる。

当初Adobeでは、スムージング効果を目的としてこの機能の開発を始めた。テクスチャを目立たせるのとは逆の効果だ。実際、今でもテクスチャスライダーに負の値を設定すると、たとえば肌のテクスチャなど、かなり滑らかにすることができる。しかしその際にも、顔写真などの肌のディテールを潰してしまうことがないという優れた特長を備えている。

Adobeも認めているように、このツールは、既存の「明瞭度」ツールと紛らわしく感じられることもある。「明瞭度はテクスチャよりも強い効果を発揮します。それはそれで良いのです」と、AdobeのMax Wendt氏は説明している。「テクスチャの効果は微妙なので、もっと強いものが必要となることもあるでしょう。明瞭度は、より広い領域について色調の変化をもたらします。テクスチャよりも、輝度と彩度の変化が大きくなります。テクスチャと明瞭度は、根本的に異なるツールであり、それぞれ独自の利点を持っているのです」。

さらにAdobeは、Defringe(フリンジの除去)という新しいツールも導入した。これまでのLightroomのツールを使って色収差によるフリンジを除去しようとしても、残ってしまったものを目立たなくすることができる。この機能は、macOS版およびWindows版のLightroomでのみ利用可能となっている。

またLightroomの今回のリリースには、共有アルバム機能も追加された。長い間待ち望まれていたものだ。これで「Classic」が付かない方のLightroomは、ますますクラウド指向となった。

チュートリアル、その他の教育的な素材として、AdobeはまずiOS版とAndroid版のアプリにインタラクティブなチュートリアルを追加しようとしている。今後、Mac版とWindows版でも利用できるようにする予定だ。Adobeは、何人かの写真家に依頼してチュートリアルの作成に協力を仰いだり、「インスピレーションを刺激する」写真の提供を受けている。また、通常のヘルプ機能も強化し、ヘルプ内に多くのチュートリアルを組み込んでいる。

画像クレジット:Adobe

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)