VRゲーム
Beat Saber

人気VRゲーム「Beat Saber」が「アーリーアクセス」を脱して値上げ

次の記事

OnePlusの99ドルの新ワイヤレスイヤフォン、長時間駆動と音質改善を実現

VR(バーチャルリアリティー)で一番人気のゲームが、今月中に値上がりしプレイ可能なヘッドセットが増える。

先週TechCrunchでは、Beat Saberの詳細な長文記事を書いた。チェコ・プラハの小さなVRスタジオが作ったベストセラーゲームは大きな収益をメーカーにもたらしている。Guitar HeroとFruit Ninjaを合わせたようなゲームで、EDM(エレクトロダンスミュージック)の流れる中をライトセーバーをもって進んでいく。100万本以上売れている。

今週Beat Game社は、ほとんどのバグを修正したという確信を深め、さらに売上を伸ばすに違いないアップデートを発表した。

How Beat Saber beat the odds

来る5月21日に、Beat GamesはValveのSteamストアバージョンおよびOculus Homeプラットフォーム向けバージョンの価格を20ドルから30ドルに上げ、PS VRバージョンと同価格にする。今回の価格改定に伴い、同社はこれまでゲームに冠していた「アーリーアクセス」のタイトルを外した。これはゲームがまだベータ版であり不具合が残っていることを意味していた。同社はMediumの投稿にそのことを詳しく書き、ゲームが「安定バージョン」のレベルに達し、「フルゲーム」になったと感じていることを述べた。

ゲームがアーリーアクセスを脱すると、長らく約束されていたレベルエディターが加わり、ゲーマーは自分のオーディオトラックに合わせてカスタムレベルを作れるようになる。

価格改定の5月21日というのは任意の日付ではなく、Oculusの新しいヘッドセットであるRift SとQuestの発売日だ。

Questと言えば、OculusはRift用のゲームをすでに持っているユーザーがQuestのゲームを無料でダウンロードできるクロスバイというシステムを導入した。しかしBeat GamesはTwitterで、このシステムに対応しない旨を発表したので、Questユーザーは代金を払わなくてはならないが、メーカーは追加のミュージックパックなどのアドオン機能が使えると言っている。

今後Beat Saberは全プラットフォームで統一されていくので、一部の機種だけがアップデートされることはなくなる。これはクロスプラットフォームのマルチプレーヤーゲームの可能性が開かれることを意味している。

価格改定は来週で、5月21日まではアーリーアクセス価格でゲームを購入できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook