LINE Pay

令和初のLINE Pay大型還元は5月20日から、最大3000万人に総額300億円還元

次の記事

アリババのQ4は売上高51%増で再び成長を確保

LINE Payは5月16日、新たな大型還元キャンペーン「祝令和全員にあげちゃう300億円祭」を発表した。このキャンペーンによって5月20日から5月29日まで、1000円ぶんのLINE Payボーナスを友だちやグループに送付することができる。

同時に送れる友だちの数は最大500人、1日に送れる回数は5000回となる。なお、友だちからの受け取りは期間中1人1回1000円相当のみ。つまり、このキャンペーンで各ユーザーが得られるのは1000円のLINE Payボーナスだけだ。

LINE Payボーナスは、LINE Pay残高やLINEポイントとは異なるものだが、出金ができないだけで決済や送付は可能。実質、LINE Pay残高と同じように使える。ただし、LINE Payカード、QUICPay+のお支払いには使えない。有効期限は2年だ。

なお、このキャンペーンで1000円ぶんのLINE Payボーナスを受け取るには、LINE Pay利用登録と、LINE Payへの本人確認の登録が必要となる。本人確認の方法は、口座連携、郵送による申請のほか、写真付きの身分証をスマホで撮影してその場で送付する「かんたん本人確認」の3つがある。

今回の300億円還元キャンペーンにより、3000万人各自が1000円ぶんの還元を受けられる。今回のキャンペーンは、ヘビーユーザーへの還元ではなく、ユーザーを増やすための施策だ。また、個人間で送金を促す狙いもある。

【2019.05.16 11:25追記】LINE Payによると、恒例の「Payトク祭」は現時点では開始時期などは確定していないとのこと。