ASUSのZenFone 6はフリップカメラと大容量バッテリーを搭載

次の記事

Airbnbに元アップル小売担当のアンジェラ・アーレンツ氏がジョイン

ますます価格の上昇するプレミアムスマートフォン市場だが、2019年は普及価格帯モデルの年となるかもしれない。そんな購入しやすい価格で登場したのが、499ドル(約5万5000円)で販売される台湾ASUS(エイスース)の「ZenFone 6」だ。

中国OnePlusの「OnePlus 7 Pro」と同じくZenFone 6には、ノッチやパンチホールは搭載されておらず、フリップ式のポップアップカメラが背面に搭載されている。つまり画面上のボタンを押すことで、カメラが背面カメラとしても、あるいは前面カメラとしても利用できるのだ。またOnePlusと同じく、端末が落ちていることを落下検知センサーが動作すると、カメラが収納される。

カメラ機構だけでも注目に値するが、ZenFoneは普及価格帯のスマートフォンとしても魅力的だ。プロセッサはSnapdragon 855で、5000mAhのバッテリーが組み合わされている。また、ヘッドホンジャックが搭載されている点も評価できる。

近年は存在感を低下させていたASUSのスマートフォンだが、ZenFone 6のような魅力的な端末が、魅力的な価格で登場するのは喜ばしい。米国での発売情報なども、近いうちに発表されるはずだ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter