James Bruton

現実でも仮想現実でも殴ってくるロボットが爆誕

次の記事

スマホのカメラで心拍数を計測、呼吸訓練アプリ「Resilio」でストレス耐性を強化

ロボットエンジニアでユーチューバーのJames Bruton氏が現実でも仮想現実でも殴ってくるロボットをポーツマス大学の学生たちと共に製作した。VRの格闘ゲームで相手に殴られると現実世界でもロボットに殴られる。

ロボットはArduino Megaを使用しており、ロボットのアームと土台、そしてプレイヤーの剣と盾にはHTCのVIVE Trackerが取り付けてある。

このロボットがゲーセンにあれば面白そうだ。ニューガンダムでサザビーと対戦してみたい。

ロボットを製作するBruton氏やロボットと対戦する学生を見たいのであれば以下の動画を。