7pay

セブンのコード決済7payは7月1日開始、PayPayやLINE Pay、メルペイ決済も

次の記事

グラフィックデザインのCanvaが新たな資金調達で企業価値2755億円に

セブン‐イレブン・ジャパンは5月21日、セブン&アイグループ独自のコード決済「7pay」を7月1日より、全国のセブン‐イレブン2万925店で始めることを発表した。残念ながら、開始日は7月11日ではなく7月1日だ。

同時に他社のコード決済にも対応。同じく7月1日からは、PayPay、LINE Pay、メルペイの国内3社および、中国系のアリペイ、WeChat Payが使えるようになる。残念ながら、サービス開始時点ではd払いやOrigami Pay、楽天ペイには未対応。

7payでは、200円ごとにnanacoポイントが1ポイント貯まるが、サービス開始を記念して期間限定でnanacoポイントを2倍付与するキャンペーンを実施予定だ。7payへのチャージは、店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードなどを使える。もちろん、従来の独自電子マネーであるnanacoもそのまま利用可能だが、100円ごとに1ポイント付与されていたnanacoポイントが、7月1日からは7payと同様に200円ごとに1ポイントに減ってしまう。

そのほか7payは、10月をメドに外部加盟店への利用拡大、2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリ連携も予定している。

【2019.05.22 10:25訂正】電子マネーのnanacoで貯まるnanacoポイントの付与条件に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。