GIFの生存戦略ー芸術、エンタメコンテンツ編:大野謙介「GIF文化史」連載〜第3弾〜

次の記事

自動車メーカーはデータ会社になる決心を迫られている

「GIF文化史」/ 大野謙介 – 全3回連載概要

大野謙介/GIFMAGAZINE(GIFの人)

1987年に誕生し、インターネットのビジュアルコンテンツを支えた1990年代。FLASHによりミームとしての役割が弱まった2000年代。そして2011年、スマホ&SNSの爆発的普及によってサクッと手軽に楽しめるGIFは 「1) 次世代ビジュアル言語」また「2) 芸術、エンタメコンテンツ」として復活します。ファイルフォーマットの次元を超え、新たなポップカルチャーに変化しつつある「GIF文化」についてデータや事例と共に全3回で考察をします。

第1回 “1度死んだGIFが復活した理由”
第2回 “GIFの生存戦略 – 次世代ビジュアル言語編”
第3回 “GIFの生存戦略 – 芸術、エンタメコンテンツ編”

第3回1分要約

サクッと手軽に楽しめる映像体験である「GIF」は芸術、政治、広告、エンタメでも活用されるようになります。その理由を世界中の事例と共に考察します。

以下、GIFアニメーションを中心に述べますが簡略化のため「GIF」という言葉を用います。

第1回、第2回の振り返り

第1回では、本当に「GIF」が流行っているのかを定量的に見てみました。そしてGIFが復活した理由は2011年以降のスマホ&SNSの爆発的普及であり、その背景には各国にそれを支えるカルチャライズされたGIFプラットフォームの存在がありました。

第2回は次世代ビジュアル言語としてのGIFについて解説しました。世界各国で送られるGIFの違い、そしてコミュニケーションツールが移り変わる理由を 1) 速さと距離、2) 保存、3) 伝達できる情報の量の3つと仮説を立てました。また5G時代に向かい、より誤解なく情報量多く伝達するために「短尺、ループ、クリックレス再生」する体験をもつコンテンツが重要性が高いことを解説しました。

GIFの2つの役割

GIFの役割は大きく2つあります。

1) コミュニケーションコンテンツとしてのGIF

2) メディアコンテンツとしてのGIF

1) コミュニケーションコンテンツとしてのGIF、これは人に送るからこそ楽しいというスタンプと同じ楽しみ方で、超短尺動画ならではの楽しみ方の1つです。
2) メディアコンテンツとしてのGIF、これは芸術や新たなエンタメコンテンツとして、作品を見て楽しむという超短尺動画の楽しみ方の1つです。

第3回は、2) のメディアコンテンツとしてのGIFについて様々な事例を見ていきましょう。

国内・海外におけるGIF活用事例
・政治としてのGIF
・芸術としてのGIF
・広告としてのGIF
・ハイライトエンタメとしてのGIF

政治としてのGIF

・LIVE-GIFFING THE 2012 DEBATE

世界中が注目するアメリカ大統領選挙。2012年は、オバマ大統領と共和党のロムニー候補の争いでした。2012年10月22日、大統領討論会をLIVE配信しながら、6人の有名GIFクリエイターが大統領のGIFを即興で作ってリアルタイムに公開していくイベント「LIVE GIFFING」が開催されました。

出典:LIVE-GIFFING THE 2012 DEBATE

政治を視覚的に楽しく、多くの方に興味をもってもらう方法としてGIFが活用されました。この場合イラストであっても写真でもあってもよかったかもしれません。しかし他のコンテンツ体験に比べ、「GIF」はインターネットミームとしての性質やデジタルアートとしての性質をもっています。だからこそにじみ出る親しみやすさ、俗っぽさが醸し出されます。政治という多くの人にとって堅苦しい場面を親しみやすく変える素晴らしいメディアコンテンツとしてのGIFの活用方法と言えます。

芸術としてのGIF

一般的に「GIF」というと、ミームとしての性質が強く、芸術と捉えている人は少ないと思います。ところが2012年以降、デジタルサイネージやタブレットが普及することでGIFを絵画のように鑑賞できる状況ができました。GIFが芸術としての役割を得るようになった世界的な出来事を紹介します。

・ロンドンの現代美術館サーチ・ギャラリーでのGIFコンテンスト

2014年、ロンドンの現代美術館サーチ・ギャラリーが、GIF動画のコンテストを開催。52カ国から4,000以上の作品の応募があり、最終的に6作品が受賞しました。

作者:GerardoJuarez 出典:Saatchi Gallery MOTION PHOTOGRAPHY PRIZE https://www.saatchigallery.com/mpp/

作者:Jaime Travezan 出典:Saatchi Gallery MOTION PHOTOGRAPHY PRIZE https://www.saatchigallery.com/mpp/

GIFが1つの芸術スタイルであることを認め、GIFならではの超短尺、ループをうまく活かした作品が表彰されました。

ただ、当時表彰された作品はシネマグラフという動く写真のような表現や、ミニマルな作品が多く、現在の幅広いGIFアートの表現からすると非常に偏ったものであると私は感じています。

現在では多くのGIFアートが誕生しており、「GIF」に対する鑑賞や解釈のレベルが世界的に向上していると同時に、新たな表現が創られています。

・GIFアートとして代表的な作家:Sholim

Sholimはセルビア ベオグラード出身のデジタルアーティストです。頭部をモチーフにし、グロテスクさと、それに反する小気味の良いループを両立させた独特のGIF作品を制作しています。Sholimの作品はGIFクリエイターの中でも特に際立って独特な世界観を表現しています。

出典:Ars Longa by Sholim © Sholim -GIFMAGAZINE

シャネルなどのハイブランドのGIF制作を手がけ、オリジナルの「GIFアート」を確立しているクリエイターの一人です。

・theGIFs2013~2018

日本でもGIFの芸術性を評価するコンテストは開催されています。手前味噌ではありますが、GIFMAGAZINEとアドビで主催する「theGIFs」です。毎年夏頃応募が開始され、年末に表彰式が開催されます。私は毎年審査員として関わっており、昨年はSholimも同じく審査員としてセルビアから来日しました。

そして今年は国際芸術祭である「あいちトリエンナーレ2019」より招待を受け、GIFMAGAZINEプロデュースでSholimの作品展示を実施します。PCやスマホ上では感じることのできないSholimの作品をぜひ見に来てください。

画像:Sholimと筆者(大野) theGIFs2018にて

・シンガポール開催するGIFの祭典”GIFFEST”

シンガポールでもGIFを芸術として楽しむ活動が行われています。GIFFESTとはNational Arts Council(シンガポール国家芸術評議会)が支援して実施している芸術祭典です。芸術,エンタメ,コミュニケーションのテーマでアーティストトークや展示を実施しました。私もご招待いただきシンガポールに行ってきました。

世界各国から選出されたGIF150作品を世界中のGIFerと共に楽しむことのできる壮大なイベントでした。GIFFEST主催者の2人、Tanya WilsonさんとSteve LawlerさんとGIFについて会場で様々お話を伺いました。

超短尺ループというGIFの性質から、現代に最も合ったストーリーテリングの手法として、芸術・マーケティングの両方の観点で、とても重要な表現と考えているそうです。いつか日本で一緒にGIFFESTを開催したいですね。

広告としてのGIF

政治、芸術としてだけでなく企業のマーケティング活動としてもGIFアニメが活用されています。

・海外:Netflix (フランス)

映画には雨、雷、くもりなど天気が重要なシーンがあります。Netflixがフランスに進出する際に、その場所の様々な天候に合わせた映画のGIFアニメをデジタルサイネージに表示するプロモーションを実施しました。

出典:Ogilvy Paris – NETFLIX GIF Campaign

現実と連動したGIFアニメはNetflixのコンテンツを知らせると共に、通行人に驚きを与える秀逸なプロモーションであったと言えます。

・国内:宝酒造(日本)

若い世代のへの認知向上やブランドへの興味や好感の向上を目的としてGIFを活用する例もあります。様々なGIFerの作品群を通して、カジュアル・フォーマル両方で楽しめる商品の魅力を伝えています。

出典:スパークリング清酒「澪」(Twitterより) 作:APO

出典:スパークリング清酒「澪」(Twitterより) 作:平岡 政展

出典:スパークリング清酒「澪」(Twitterより) 作者:まめ太郎

ハイライトエンタメとしてのGIF

スポーツのハイライトや映画,アニメの名シーンなどはメディア・コンテンツとしてのGIFが活躍する最たる例です。サッカーのスーパーシュートや体操の技、柔道の決まり手など、スポーツでは約3秒で決する場面が多いのでGIFアニメに適していると言えます。実際に2018年平昌オリンピックでは多くの試合のハイライトをGIFで投稿していました。

出典:Olympic Channel [公式](GIPHYより)

出典:映画『3D彼女 リアルガール』GIFMAGAZINE公式チャンネル

出典:「映画 クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」GIFMAGAZINE公式チャンネル

まとめ:ファイルフォーマットの「GIF」からポップカルチャーの「GIF」へ

第1回から第3回を通して、主に2011年のスマートフォン登場以降のGIFの文化的役割と歴史について解説をしました。スマホ&SNSの爆発的普及によってサクッと手軽に楽しめるGIFは 「1)次世代ビジュアル言語」また「2)芸術,エンタメコンテンツ」としてアメリカ、中国、インドを始め様々な国で再注目されています。

「1) 次世代ビジュアル言語」という役割では、GIPHY(アメリカ)、闪萌-weshine(中国)、GIFSKEY(インド)、GIFMAGAZINE(日本)それぞれの国のGIFプラットフォームが、各国の自然言語として歴史的価値のある重要な分析データを蓄積しています。

GIF検索はGoogle検索に現れない、感情検索エンジンとなります。朝には「おはよう」のGIFを探します。昼には「ランチ」に関わるGIFを探します。告白したい人は「好き」のGIFを探します。GIFを探すということは、Google検索ではわからない、毎日74億人が行う感情表現に貢献することにつながっていくでしょう。

また、「2) 芸術,エンタメコンテンツ」という観点では、政治、芸術、広告、エンタメなどあらゆる場面で「超短尺」「ループ」というGIFアニメの性質が生かされたコンテンツ体験が今後5Gの通信環境になるに従い広がっていくと考えています。

ファイルフォーマットとしての「GIF」には取扱にいくつかの難点があり、いつかAPNGやWebPにとって変わるかもしれません。2000年頃の特許問題や、様々な困難を乗り越え復活しているGIFだからこそストーリーが生まれ世界中に愛されています。

ついにファイルフォーマットの次元を超え、新たなポップカルチャーに変化しつつあることによって、ファイルフォーマットに関わらず超短尺アニメーションの体験そのものを「GIF」と呼ぶ状況は世界各国で起こっています。2030年に振り返った時に「GIF文化」がどのような姿になっているかとても楽しみです。10年後も「ギフと間違えて読む人」がゼロになることは無いかもしれませんね。

Twitter(@sekai_seifuku)でご意見ご感想お待ちしています。DMもお待ちしています。では10年後にお会いしましょう。

筆者

大野謙介 / GIFMAGAZINE 代表取締役社長 CEO

GIFの人。1989年、福島生まれ。2012年、横浜国立大学工学部卒。リクルート入社。2013年7月に「株式会社GIFMAGAZINE」を大学後輩の中坂雄平(CTO)と創業し、GIFプラットフォーム「GIFMAGAZINE」をリリース。世界中のチャットやSNSで頻繁に送り合われている「GIF」を通じて、絵文字やスタンプに続く「次世代ビジュアル言語の創造」を目指す。また「GIF」の芸術的側面とマスエンタメ側面(映画,アニメ)を両立した「新しいポップカルチャー」を創ることを目指している。Twitter(@sekai_seifuku)

第1回 “1度死んだGIFが復活した理由”
第2回 “GIFの生存戦略 – 次世代ビジュアル言語編”
第3回 “GIFの生存戦略 – 芸術、エンタメコンテンツ編”

(編集:Daisuke Kikuchi / TechCrunch Japan編集記者)