アップルが子供の喘息モニター開発のスタートアップを買収

次の記事

【登壇者変更】5月31日にEngadgetと共同開催「5G時代のガジェットとIoT」を語るイベント

アップルが、スマホと呼気センサーを使い子供の喘息をモニタリングするソリューションを開発するTueo Healthを買収したと、CNBCが米国時間5月24日に報じた。買収額は明かされていない。

Tueo Healthは2015年設立のスタートアップ。Crunchbaseによると、これまでに累計で1100万ドルを調達している。共同創業者でCEOのBronwyn Harris氏とCOOのAnura Patil氏のLinkedInページでは、所属先が2018年よりアップルとなっている。そのため、この時期に買収が完了した可能性が高い。

アップルのCEOであるTim Cook氏は5月上旬、同社は2〜3週間に1社のペースで企業を買収していると明かしている。

CNBCによると、アップルはこれまでにTueo Healthに加えてもう2社のヘルスケア領域の企業を買収してきたことが明らかになっている。2016年には健康・診療データの管理プラットフォームを手掛けるスタートアップのGliimpse、2017年には睡眠モニターのBedditを買収している。