クアルコムとレノボが初のSnapdragon搭載5Gラップトップを披露

次の記事

最適なホテル料金設定を支援する“PriceTech”の空がUB Venturesから資金調達

Qualcomm(クアルコム)は米国時間5月27日に開催されたComputexのプレスカンファレンスにて、Snapdragonベースの5G対応PCをLenovo(レノボ)と協力してローンチすると発表した。両社はこのPC「Project Limitless」を「5G接続をもたらすPC専用の世界初となる7nmプラットフォームだ」と説明している。

このラップトップは5Gと4G接続をサポートするクアルコムの「Snapdragon 8cx」プラットフォームで動作しており、Adreno 680 GPUとKryo 495 CPU、そして満充電状態で数日間持つバッテリーを搭載している。またクアルコムの「X55 5G」モデムを搭載し、2.5Gbpsのダウンロード速度を実現している。

Project Limitlessの発売日や価格はまだ発表されていない。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter