watchOS 6はiPhoneからの独立に焦点

次の記事

タブレットがとうとう独自OSにWWDCでiPadOSが登場

Apple(アップル)は米国時間6月3日に開催されたのWWDCの基調講演で、watchOSの最新バージョンを披露した。発表の大部分はApple WatchのiPhoneからの独立と、Series 4の大画面を活用したデザインについてだった。

今年もアップルは文字盤を変更し、クラシックなデザインとミニマリスト的デザインなどが加わる。watchOS 6には、騒音測定や風速、雨量などのコンプリケーション(Watchの組み込みアプリ)もある。変わったところでは、「Taptic XChimes」という新機能は時計台のように時報を振動で知らせてくれる。

おそらくこのバージョンのビッグニュースは、iPhoneのスタンドアロンアプリがいくつかwatchOSに移植されたことだ。次期watchOSには、オーディオブック、ボイスメモ、計算機が入る。これでチップの計算がすぐにできる。

さらに注目すべきは、watchOS版のApp Store が用意されることだろう。アプリを探したり、レビューを読んだり、ダウンロードしたりがApple Watchだけでできるようになる。

Apple Watchにスタンドアロンで動作する標準watchOSアプリが増えるのに伴い、アップルはサードパーティーデベロッパーがiPhoneアプリを必要としないスタンドアロンwatchOSアプリを簡単に作れるようにする。

ヘルスケアについてはあまり大きな新機能はない。ヘルスアプリの測定値が一定以上変化したとき、通知経由でコーチングを受けられるようになる。そのほかアップルは、女性が月経周期を記録・追跡するためのCycle Trackingアプリも追加した。

  1. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.23.55-AM

  2. Apple-Watch-cycle-tracking

  3. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.22.33-AM

  4. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.22.26-AM

  5. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.20.32-AM

  6. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.17.41-AM

  7. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.16.25-AM

  8. Screen-Shot-2019-06-03-at-10.15.49-AM

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook