スペースXのドラゴン補給船がISS補給ミッションから帰還

次の記事

楽天ペイでSuicaの発行・決済が可能に、2020年春から

SpaceX(スペースX)のドラゴン補給船が国際宇宙ステーション(ISS)からの帰還を果たし、民間企業によるISSへの17回目の補給ミッションを完了させた。

Commercial Resupply Services mission 17(CRS-17)は、一度打ち上げを延期した後の最初のバックアップウィンドウにて、米国時間5月4日に打ち上げられた。ドラゴン補給船はISSへと滞在する宇宙飛行士への補給品と、科学実験のための試料を5500ポンド(約2.5トン)搭載していた。

ドラゴン補給船は約1ヶ月間ISSへと係留され、宇宙飛行士は中の貨物を取り出し、そして6月3日に地球大気圏への再突入を開始した。そして同日の午後、太平洋へと着水したのだ。

打ち上げミッションの様子は、下の動画で確認できる。なお動画には、Falcon9ロケットの第1段がドローン船「Of Course I Still Love You」へと着陸する様子を赤外線で捉えたシーンも含まれている。

 

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter