ゲーム・オブ・スローンズ作者の新作RPG「Elden Ring」が正式発表

次の記事

一橋大出身の起業家を支援する如水ベンチャーズが1号ファンドを設立

今年のE3で数々の新作ゲームの発表が待たれていた中、Elden Ring(エルデン・リング)の情報が開催数日前に漏洩した。このゲームの作者であるGeorge R.R. Martin(ジョージ・R・R・マーティン)氏は、つい最近完結したHBOの大人気テレビドラマシリーズ「Game of Thrones」(ゲーム・オブ・スローンズ)の原作者でもある。

Elden Ringは、米国時間6月9日に開催されたMicrosoft E3で正式発表され、Xbox OneとWindows PCのどちらにも対応する。PlayStation 4版も予定されているが、ソニーは自社イベントがなかったため、フロム・ソフトウェアが開発するこの「史上最大のゲーム」のすべての恩恵は、Microsoftが浴することになった。

Elden Ringには、前述したゲーム・オブ・スローンズのベースとなっているファンタジー小説「氷と炎の歌」(A Song of Ice and Fire)の作者であるマーティン氏のほか、フロム・ソフトウェアの人気作品「ダークソウル」(DARK SOULS)シリーズを手がけた宮崎英高氏も深く関わっている。

発売日やゲームの内容などの詳細はいまのところ不明だ、トレーラービデオにはLord of the Rings(ロード・オブ・ザ・リング)を思わせるダークゲームの舞台が映し出されていた。詳細が入り次第続報の予定。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

【2019.06.10 12:45修正】「氷と炎の歌」(A Song of Ice and Fire)の説明に間違いがありました。お詫びして訂正いたします。