アップルが自動運転スタートアップ「Drive.ai」の買収や人材獲得模索の報道

次の記事

シャオミ、人気電動スクーターのM365を一部リコール

The Informationの報道によれば、Apple(アップル)はシリコンバレーの自動運転関連のスタートアップこと、Drive.aiの買収を模索している可能性がある。報道によれば、買収交渉は進行しており、また最終的なゴールはDrive.aiの人材、特に自動運転技術のエンジニアをアップルに移籍させることにあるという。

Drive.aiはスタンフォード大学のAI labの精鋭の卒業生によって、2016年に創立された。当初は自動運転システムだけでなく、自動運転者がドライバーや歩行者とより統合できる知的通信システムにも注力していた。

Drive.aiはその後、商用車の改造に重点を置いたビジネスモデルへと移行することでより多くの資金を集め、昨年からは自社の自動運転車両により配車サービスのテストをテキサスのフリスコにて開始した。

The Informationは今年初め、資金調達を継続し独自運営するための選択肢が少ないことから、Drive aiが買い手となる企業を探していることを報じていた。アップルは「Titan」プロジェクトにおいて主導的な幹部が交代するなど、自動運転技術の開発においていささか不確定な経歴がある。同社は現在でも車両の路上テストを実施しているが、計画の全貌は不明だ。

TechCrunchはアップルとDrive.aiにコンタクトをとっており、情報が入り次第アップデートする予定だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter