Microsoft Power PlatformのアップデートはAIをビジネスユーザーに届ける

次の記事

YouTubeのCEOがヘイトスピーチ対策の現状と将来を語る

ローコード(コードをあまり書かないこと)とノーコード(コードを書かないこと)は業界の最新流行語だが、もしベンダーたちが機械学習モデルの構築のような難しいタスクによる障壁を、本当に抽象化して取り去ることができたならば、まだ今はほとんどのビジネスユーザーの手が届かない技術を主流にする役に立つことだろう。それこそがまさに、Microsoftが、米国時間6月10日に発表された最新のPower Platformで目指していることだ。

同社は、昨年PowerAppsを発表したときに、ローコードの簡便さをアプリケーション開発に取り込もうとした。そして今回Microsoftは、PowerAppsとMicrosoft Flow、および新しいAI Builderツールを組み合わせることで、PowerAppsを使ってアプリを作る人びとが素早くインテリジェンスレイヤーを追加できるようにできると考えているのだ。

それはデータソースへのアクセスを得るところから始まるが、Data Connectorツールがユーザーに250種類以上のデータコネクターを提供する。これには、Salesforce、Oracle、そしてAdobeだけでなく、もちろんOffice 365やDynamics 365といったMicrosoftのサービスが含まれる。Power Platformマーケティング担当シニアディレクターのリチャード・ライリー(Richard Riley)氏は、これがデータをAI Builderに取り込むための基礎であると言う。

「AI Builderが行うのは、ユーザーのPowerAppsやMicrosoft Flow、Common Data Service、そしてユーザー自身のデータコネクターなどに、人工知能と機械学習を、ローコードもしくはノーコードの手軽さで取り込むことを可能にすることです」とライリー氏はTechCrunchに語った。

スクリーンショット:Microsoft提供

Microsoftのジェネラルマネージャであるチャールス・ラマーナ(Charles Lamanna)氏は、Microsoftはデータモデル構築のために必要な全ての分析と重労働を行うことが可能で、ビジネスユーザーが参入する際の大きな障壁を取り除くのだと言う「基本的なアイデアは、Common Data Serviceの中の任意のフィールドをユーザーが選択して、『このフィールドを予測したい』というだけで済むようにしようということです。そうして貰ったあと、私たちは同じテーブルもしくはエンティティの過去の記録を参照して、(結果を)予想するのです」と彼は説明した。例えばこれは、顧客がクレジットカードに申し込むかどうか、顧客が解約する可能性があるかどうか、あるいはローンが承認されるかどうかなどを予測するために使用できる。

この発表が行われたのは、SalesforceがTableauを160億ドル(約1兆7000億円)で買収したことを発表した日と同じであり、またGoogleがLookerを26億ドル(約2800億円)で買収した数日後である。そしてまたこの発表は、特に、視覚化するのかビジネスアプリケーションの内部で使うのかに関わらず、データを使える形で提供することで、ビジネスコンテキストの中で如何にパワフルになり得るかを示したものだ。

Microsoftは、AI Builderは誰もが使うようなものではないと認めているが、彼らが視野に入れているのは、これまで自力ではこの洗練レベルに手の届かなかったパワーユーザーである。山のように大量のコーディングをせずとも、アプリを構築しインテリジェンスレイヤーを追加することができるのだ。もしそれが宣伝どおりに機能するのなら、これまではデータサイエンティストの協力なしにはビジネスユーザーの手に届かなかったタスクを、ある程度簡単に行うことが可能になる。いずれにせよ、こうした動きの全てが指し示すことは、データがビジネスの中心になったということであり、ベンダーたちはそれを活用するために開発もしくは買収をしようとしているということだ。

Microsoft Power Apps update includes new Common Data Service

画像クレジット: Alice Mollon / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:sako)