任天堂がSwitch版どうぶつの森を発売延期、2020年3月20日に

次の記事

当日朝11時に雨予報ならタクシー料金最大4000円割引、東京と大阪でDiDiの天気割開始

任天堂は、ゲームイベントE3に合わせたオンラインプレゼンテーション「Nintendo E3 Direct」で、Switch版どうぶつの森の詳細を発表した。

そこではタイトルのストーリーラインが少し紹介されたが、それ以上に大きなニュースは、当初発表されていた2019年のリリース次期が延期されたことだった。「あつまれ どうぶつの森」(Animal Crossing: New Horizons)と名付けられたそのタイトルの発売日は2020年3月20日になった。

「このゲームを最高のかたちで届けるために、予定よりも少し長く待っていただくことになりました」と任天堂の小泉歓晃執行役員が同社のプレゼンテーションで語った。

ゲームの内容は、無人島に飛行機で到着したところから始まる。たぬきち(Tom Nook)の「たぬき開発 presents 無人島移住プラン」(Nook Inc. Deserted Island Getaway Package」)というツアーパッケージに参加している。そこからは、動物たちとおしゃべりしたり、彼らを窮地から救ったり、いろいろとカスタマイズしたり、たぬきちの倒錯した資本主義にツッコミを入れるなどなど、なじみのあるゲームプレイが始まる。

ゲームプレイには、任天堂のモバイルタイトルを含む最近のいくつかのゲームに見られた展開が数多く取り入れられているようだ。家具を作ったり、屋外の環境を本格的に換えたりできる。マルチプレーヤー機能も大きく改訂されるようで、デモ映像では複数の人間キャラクターが画面上に見られたが、まだほとんど分からないというのが現状だ。

発売の延期は残念なニュースであり、Metroid Prime 4(メトロイド・プライム4)の開発体制見直しのニュースのあとだけになおさらだ。タイトルの質を高く維持することはもちろんポジティブに受け止めたいが、任天堂は中心的プロダクトの発売予定日を守ることに問題を抱えているように思える。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook