shazam

ShazamのAndroid版でヘッドホン再生中の楽曲認識が可能に

次の記事

任天堂がE3で今年発表のDirectゲームを一挙紹介

Apple(アップル)が所有するShazam(シャザム)は、周囲で再生されている音楽を識別でき、さらにAndroidスマートフォンやタブレットを使っていればヘッドホンにて再生している楽曲が認識できるようになった。

昨年アップルにより4億ドル(約430億円)で買収されたShazamは、Android版アプリに「Pop-Up Shazam」という機能を導入した。これを有効にすると、他のAndroidアプリによりスマートフォン内部、あるいは外部にて再生されている楽曲を追跡・認識できる。

この機能は、多くのユーザー長年求めていたものだ。これまでは、ユーザーがYouTubeの動画などで楽曲を見つけた場合、Shazamでは2つの不便の方法しか利用できなかった。ヘッドホンを取り外して内蔵スピーカーで音楽を再生するか、あるいはヘッドホンをスマートフォンのマイク近くに持っていくかだ。

この新機能により、Shazamは他のアプリからの楽曲を追跡することができ、それにより周囲の音やスマートフォンのスピーカーに完全に依存する必要がなくなる。まるでFacebook Messengerのように浮遊しドラッグできる通知をタップすることで、この機能が利用できる。

TechCrunchのテストでは、この機能は有線、無線イヤホンの両方(さらにAirPodsでも)で、InstagramやTiktok、YouTubeなどのアプリにて宣伝どおりに動作した。AppleのモバイルOSではこの通知がサポートされていないため、iPhoneユーザーが同じ機能を利用したいと思っても辛抱強く待つ必要があるだろう。アップルは2014年にShazamをSiriに統合しており、いつの日かなんらかの方法で、iPhoneにおける楽曲の認識機能が拡張される可能性はある。

GoogleはPixel 3シリーズのスマートフォンに「Now Playing」機能を導入して以来、楽曲認識に近年注力している。これは、周囲の楽曲を自動で検索し、認識してログに残すという機能だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter