クリーマ
Creema

ハンドメイドC2Cの「Creema」が11億円の資金調達、新サービスや新領域への参入も視野に

次の記事

テスラは潜水車を設計していた、その企画はまだ生きている

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」運営のクリーマは6月12日、日本郵政キャピタル、SBIインベストメント、グローバル・ブレイン、三井不動産、アイ・マーキュリーキャピタルと、セプテーニ・ホールディングスの創業者で名誉会長の七村守氏などから、総額11億円の資金調達を実施したことを発表。既存株主のKDDI Open Innovation FundとSMBCベンチャーキャピタルも参加している。累計資金調達額は約24億円となった。

2009年3月設立のクリーマが2010年6月に提供開始したCreemaは、クリエイターがハンドメイド作品を掲載し、買い手は気に入った商品をサイト上で購入できるC2Cのマーケットプレイスだ。

同社の広報担当者いわく、競合にはGMOペパボが展開する「minne」や台湾の「Pinkoi」などが存在するが、Creemaの強みは「アジア最大のグローバル ハンドメイドマーケットプレイス」であること。日本および中国語版で展開されており、合わせると約15万人のクリエイターによる700万点以上のオリジナル作品が出品されている。また、「プロやプロ志望の作家が多く出品しているため、他サービスと比較すると商品の単価は高めだが、クオリティが高い」(広報担当者)

クリーマはオフラインにも注力しており、5万人以上が来場した「ハンドメイドインジャパンフェス in 東京ビッグサイト」を含め年間20回以上のイベントを開催。加えて、常設のエディトリアルショップを新宿、二子玉川、札幌に展開しており、9月には日本橋と熊本にもオープンする予定だ。

調達した資金をもとに、クリーマはオンライン・オフラインを含む「更なるサービスの拡大向けた投資を加速すると同時に、新サービスや新領域への参入も視野に入れながら、中長期ビジョンの実現に向けた経営基盤の強化を図るべく全職種での採用を開始する」。「新サービス・新領域」に関する具体的な情報は得られなかった。